オーストラリア証券取引所、DigitalXの「ビットコイン現物ETF」上場へ

DigitalXの「ビットコイン現物ETF」がASXに上場へ

豪州拠点のブロックチェーン特化の投資会社デジタルX(DigitalX)が、オーストラリア証券取引所(ASX)に「ビットコイン現物ETF(上場投資信託)」を上場する承認を得たと7月9日発表した。

その発表によると同ETFは、ASXではティッカーシンボル「BTXX」で運用され、12日には取引が開始されるという。

K2アセットマネジメント(K2 Asset Management)が同ETFの発行体となり、デジタル資産管理会社の3iQが国内外でETFのプロモーションと販売を行うとのこと。

DigitalXのCEOであるリサ・ウェイド(Lisa Wade)は声明の中で、「私たちが提供するETFによって、オーストラリアの人々は、デジタルウォレットを管理することなく、コスト効率的で安全な方法でビットコインに投資できるようになる」と述べている。

なお豪州で最大の株式取引所であるASXでは、同取引所初となるビットコイン現物ETFを6月20日より取引開始していた。この際に上場したのは、資産運用会社ヴァンエックオーストラリア(VanEck Australia)による「VanEck Bitcoin ETF」。ASXではティッカーシンボル「VBTC」として取引されている。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
Australia’s DigitalX to launch spot bitcoin ETFs on ASX
(Reporting by Archishma Iyer in Bengaluru; Editing by Mrigank Dhaniwala)
翻訳:大津賀新也(あたらしい経済)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/25話題】SBIが「ビットコイン現物ETF」取り扱い準備か、DEAと東京電力らがDePINの「ピクトレ」を東京で実証試験へなど(音声ニュース)

SBIがビットコイン現物ETF取り扱い準備か=報道、DEAと東京電力らがDePINコンテンツ「ピクトレ」、東京都の3区で実証試験へ、京東コインリンク科技、香港ドルにペッグのステーブルコイン発行予定と発表、フェラーリが暗号資産決済システムを欧州にも拡大、米国での導入に続き、NTTデジタルとマツモト、卒業アルバムにブロックチェーン活用へ、タイ、デジタル資産配布の登録受付を8月1日から開始。デジタルウォレット政策一環で、農産業のRWAマーケットプレイス「Agridex」、ソラナ上で初の農業取引を決済=報道