CFTCがJump Tradingを調査中か=報道

暗号資産の取引や投資について調査か

米商品先物取引委員会(CFTC)が、シカゴ拠点の大手マーケットメイカーであるジャンプトレーディング(Jump Trading)を調査しているようだ。フォーチュン誌が6月20日報じている。

報道によれば、CFTCは特に、ジャンプトレーディングの暗号資産(仮想通貨)関連の取引や投資について調べているという。

ジャンプトレーディングのデジタル資産部門であるジャンプクリプト(Jump Crypto)は、2022年5月に暴落した暗号資産「テラUSD:TerraUSD(UST)」に関するプロジェクトの大口支援者であったことでも知られている。同社はテラ騒動の調査において米国検察当局から取り調べを受けたが、不正行為などで告発はされていない。

CFTCや米証券取引委員会(SEC)は近年、大手暗号資産取引所バイナンス(Binance)や破綻した暗号資産取引所FTX等を含む暗号資産関連企業への告発及び強制執行を数多く行っている。

昨年11月にはCFTCが海外暗号資産取引所バイビット(Bybit)の調査に関する召喚状を大手暗号資産取引所コインベース(Coinbase)に送ったとの報道が出ており、CFTCが次の目標をバイビットに定めたのではないかとの見方もされていた。

関連ニュース

参考:フォーチュン誌
images:iStocks/Funtap

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【7/25話題】SBIが「ビットコイン現物ETF」取り扱い準備か、DEAと東京電力らがDePINの「ピクトレ」を東京で実証試験へなど(音声ニュース)

SBIがビットコイン現物ETF取り扱い準備か=報道、DEAと東京電力らがDePINコンテンツ「ピクトレ」、東京都の3区で実証試験へ、京東コインリンク科技、香港ドルにペッグのステーブルコイン発行予定と発表、フェラーリが暗号資産決済システムを欧州にも拡大、米国での導入に続き、NTTデジタルとマツモト、卒業アルバムにブロックチェーン活用へ、タイ、デジタル資産配布の登録受付を8月1日から開始。デジタルウォレット政策一環で、農産業のRWAマーケットプレイス「Agridex」、ソラナ上で初の農業取引を決済=報道