マスターカード、欧州と中南米向けに暗号資産のP2P取引を試験提供

マスターカードが暗号資産P2P取引を試験提供へ

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、欧州および中南米の暗号資産(仮想通貨)ユーザー向けに、P2P(ピアツーピア)取引を試験提供することを5月29日発表した。

このP2P取引の試験提供はマスターカードによる、ブロックチェーン・暗号資産に関する新たな取り組み「マスターカードクリプトクレデンシャル(Mastercard Crypto Credential)」による初のユースケースとなる。

今回の取り組みは、スペインのビットゥーミー(Bit2Me)、リヒテンシュタインのリリウム(Lirium)、ブラジルのメルカドビットコイン(Mercado Bitcoin)といった3つの暗号資産取引所のビットコイン取引にて対応。「マスターカードクリプトクレデンシャル」が提供する「エイリアス(別称)」を使用して暗号資産の送受信が可能になるとのこと。

「エイリアス」は、長くて複雑なブロックチェーンアドレスの代わりになるもので、覚えやすくシンプルな文字列により構成されるユーザーIDのようなものだ。

なおこの取り組みの対象国は、アルゼンチン、ブラジル、チリ、フランス、グアテマラ、メキシコ、パナマ、パラグアイ、ペルー、ポルトガル、スペイン、スイス、ウルグアイとのこと。

発表によると今回試験提供されるP2P取引は、一部のユーザーが先着順で利用可能になるという。そして今後数ヶ月のうちに、参加取引所全体で700万人以上のユーザーに対して提供される予定とのことだ。

関連ニュース ︎

参考:マスターカード
images:iStocks/Ekaterina79

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored