NY証券取引所、現物ビットコインオプションの開発・上場を計画

コインデスク・インデックスと提携

ニューヨーク証券取引所(NYSE)が、現物のビットコイン価格に連動する金融商品の上場を計画していると5月29日発表した。

発表によると、NYSEはコインデスク・インデックス(CoinDesk Indices)と提携し、ビットコインの現物指数である「コインデスク・ビットコイン価格指数(XBX)」に連動する現金決済のインデックスオプションを提供するという。

またNYSEの親会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)とNYSEは、コインデスク・インデックス及び関連規制当局と協力して、同金融商品を開発するとした。

昨年、ICE Futures Singaporeはコインデスク・インデックスと協力し、ビットコイン先物契約の 「CoinDesk Bitcoin Futures:BMC)」の月次契約決済に「XBX」を採用した。

「XBX」は現在200億ドル規模のETF(上場投資信託)資産のベンチマークとなっており、複数の暗号資産取引所における米ドル建てのビットコインの現物価格をリアルタイムで追跡するという。「XBX」は1秒に1回、1日24時間、1年365日計算・公表される。

NYSEのチーフ・プロダクト・オフィサーであるジョン・ヘリック(Jon Herrick)氏は、「伝統的な機関投資家や日常的な投資家がビットコイン現物ETFに熱意を示す中、今回の協業を発表できることを嬉しく思う」とし、「規制当局が承認すれば、これらのオプション契約は、投資家に対し、重要な流動性と透明性を備えたリスク管理ツールへのアクセスを提供することになる」と述べている。

NYSEの競合となる北米最大の金融・商品のデリバティブ取引所CME(シカゴマーカンタイル取引所)は、すでにビットコイン先物を取り扱っており、ビットコイン現物ETFのベンチマークの提供も行っている。

またCMEがビットコイン現物取引の提供を計画していることも5月16日に報じられている。

関連ニュース ︎

参考:発表
images:iStocks/scyther5・LongQuattro

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している