米ジェミナイ、「Gemini Earn」顧客へ20億ドル超の払い戻しを完了

「Gemini Earn」顧客へ20億ドル超の払い戻しが完了

破産した暗号資産(仮想通貨)レンディング業者のジェネシス(Genesis)と暗号資産取引所のジェミナイ(Gemini)が、両社が共同管理する「ジェミナイ・アーン・レンディング・プログラム(Gemini Earn lending program)」の23.2万人の個人ユーザーに対し、20億ドル(約3,138.7億円)以上になる暗号資産を返却したことを5月29日発表した。

なおジェネシスが破産申請した2023年1月にロックアップされた資産に対し、242%のリターンを顧客に与えたとジェミナイは伝えている。

2022年の市場暴落後に破産した他の暗号資産企業とは異なり、ジェネシスは限られた資産プールを清算して現金で返済するのではなく、顧客の暗号資産を顧客に返還できた。

ジェミナイによると、ジェネシスに1BTCを貸し付けた顧客は、同社が破産した日以降の劇的な暗号資産の価格上昇の恩恵を受け、1BTCが返還される。ビットコインの価格は2023年1月以降3倍以上になり、6万7000ドル以上に上昇している。

「顧客のためにこのようなリカバリーを達成できたことを嬉しく思います」とジェミナイの共同創設者キャメロン・ウィンクルボス(Cameron Winklevoss)氏は声明で述べた。また同氏は 「この長期にわたるプロセスによって生じた困難を認識しており、顧客の皆様の継続的なサポートと忍耐に感謝します」ともコメントしている。

ジェミナイの顧客は、返済額の約97%を即時に受け取り、残りは12か月以内に受け取ることになっている。

また「アーンプログラム」に参加していない大口投資家を含む顧客は、破産により77%の回収額を受け取るとジェネシスは見積もっていた。

「私たちは、彼ら(アーンプログラム顧客)の請求の上限を、申立日時点の価値には設定しませんでした」とジェネシスの弁護士ショーン・オニール(Sean O’Neal)氏は29日に語った。また同氏は「今はジェネシスの残りの債権者への分配に集中する必要がある」と述べた。

「アーンプログラム」に参加したジェミナイの顧客は、ジェネシスに暗号資産を貸し付け、貸し付けた資産に対する利息を受け取っていた。ジェミナイによると、ジェネシスが2022年11月に顧客アカウントを凍結した時点で、同プログラムの資産の合計価値は9億4000万ドルだった。

ニューヨーク州司法長官レティシア・ジェームズ(Letitia James)氏は、「アーン・プログラム」は投資家を欺く「詐欺」であると主張し、同プログラムをめぐってジェネシス、ジェミナイ、ジェネシスの親会社デジタル・カレンシー・グループ(Digital Currency Group:DCG)を提訴した。

ジェームズ氏は2月にジェネシスと和解し、ニューヨーク州やDCGを含む他の債権者よりも先に、ジェネシスが「アーンプログラム」顧客に返済することを求めた。

ジェームズ氏は声明の中で、「詐欺や不正操作によって投資家が損失を被った場合、その損失は補償されるべきです」と述べた。

DCGは、ジェネシスの顧客への返済は2023年1月の暗号資産の価値に基づいて行われるべきだと主張していた。5月17日に判事が却下したこの主張によれば、DCGは暗号資産価格の上昇による「超過」価値をジェネシスの顧客に返還するのではなく、受け取れるはずだった。

ジェームズ氏の訴訟は、ジェネシスの事業再開の努力を中断させ、代わりに破産清算に軸足を移すことを後押しした。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
Gemini customers get back over $2 billion in crypto from Genesis bankruptcy
(Reporting by Dietrich Knauth; Editing by Josie Kao and David Gregorio)
翻訳:大津賀新也(あたらしい経済)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している