暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)が暗号資産預け入れサービス「アーン(Earn)」をローンチ

ジェミナイが暗号資産預け入れサービス「アーン」をローンチ

暗号資産(仮想通貨)取引所とカストディアンサービスを運営する米ジェミナイ(Gemini)が暗号資産の預け入れによって最大7.4%の年利を獲得できるサービス「ジェミナイ・アーン(Gemini Earn)」を2月2日ローンチした。

この「ジェミナイ・アーン」は、ユーザーが所定の暗号資産をジェミナイ・アーンの口座に預け入れることで、預け入れ期間に応じた利子を受け取れるサービスである。ユーザーは暗号資産の貸し手となり、ジェミナイ・アーンを通じて行われた借り手への融資にて発生した利息の一部を年利として獲得できる仕組みになっている。

なおジェミナイ・アーンでは、ジェミナイの取引所で扱われている暗号資産26種類すべてをサポートしているとのこと。年利は暗号資産の種類ごとに定められており、ビットコインとイーサリアムはともに3.05%最も高いものでファイルコインの7.4%となっている。利息は日毎に支払われ、ジェミナイ・アーンに預けた資産はいつでも引き出し可能とのこと。また預け入れのための最低金額もかからないとのことだ。

ただし、ジェミナイ・アーンにはリスクも存在する。同プログラムの法的規約によると、「プログラムに参加すると、デジタル資産が危険にさらされる可能性がある」こと、「借り手がデフォルトした場合、ジェミナイは貸し手に対し借り手からデジタル資産を返還する義務または能力がない」こと、このプログラムが「ジェミナイや政府のプログラムや機関によって保険がかけられていない」ことなどが明記されており、ユーザーはこのようなリスクを理解してサービスを利用する必要がある。

ジェミナイ・アーンはニューヨーク州を含む米国の50州すべてで利用可能となっている。ローンチ当初は一部のユーザーのみ利用可能であるが、2月上旬までに米国内の全てのユーザーが利用可能になる予定とのことだ。

なお同サービスは暗号資産取引所ジェミナイのサービスのひとつであるため、ジェミナイのサービス対象外である日本居住のユーザーは利用できない。

編集部のコメント

ジェミナイ・アーンは銀行の普通預金口座の暗号資産版のようなものと捉えることができます。利子率は銀行と比べて格段に高いですが、その分リスクも高いようです。 また、ジェミナイは今年1月にビットコインのリワードを搭載したクレジットカード「ジェミナイ・クレジット・カード(Gemini Credit Card)」を発表しています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStocks/Kateryna-Bereziuk)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/17話題】コインチェックにBRIL上場、コインベストが関東財務局から行政処分など

コインチェックに「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」上場、ビットトレードにアプトス(APT)とトンコイン(TON)上場へ、コインベストが関東財務局から行政処分、IEO業務態勢の改善命令で、米SEC、リップル社に1億260万ドルの罰金科すよう裁判所に要求、オーケーコインジャパンに「トンコイン(TON)上場へ、国内2例目、BISが86の中銀対象としたCBDCに関する調査結果を発表=レポート、暗号資産特化のVC「Paradigm」、新ファンドで約1138億円調達=報道、独通信事業者ドイツテレコム子会社、ビットコイン(BTC)マイニング事業参入へ、ムーンペイ、ペイパルアカウントでの暗号資産購入がEU24ヵ国・英国全域に拡大

Sponsored