Napier Financeがポイント配布プログラム「Llama Race」開始、TGEに向け

Napier Financeがポイント配布プログラム「Llama Race」開始

DeFi(分散型金融)プロジェクト「ネイピアファイナンス(Napier Finance)」の主要開発元であるネイピアラボ(Napier Labs)が、ソーシャルプログラム「ラマレース(Llama Race)」の開催を4月10日に発表した。

「ネイピアファイナンス」は、「カーブファイナンス(Curve Finance)」の拡張レイヤーとして構築される予定の、利回り取引の流動性ハブだ。「カーブファイナンス」と連携し、デリバティブ資産のような今まで扱うことが困難だった資産をユーザーが取引できるようにする拡張機能サービスだ。なお「カーブファイナンス」は、ステーブルコインの交換(スワップ)に特化したDEX(分散型取引所)である。

同プログラムは「ネイピアファイナンス」のローンチに際して実施されるポイント配布プログラム。指定されたアクティビティをこなすことで「ネイピアポイント」が獲得できるようになっている。

なお同ポイントは、同プロジェクトの独自トークン「NPR」のトークン生成イベント(TGE)にて「NPR」と交換可能だ。今回の発表によると「ネイピアポイント」の総供給量が、「NPR」の総供給量の最大5%に相当するとのことだ。

また同プログラムではリーダーボードが用意されており、ランクが上がることでUIに表示されるユーザーのイラストもレアなものへと変化する。このイラストは同プログラム終了時にNFTとしてミントできるとのことだ。

発表によると「ラマレース」は、「ネイピアポイント」の配布を通じて、「ネイピアファイナンス」と「カーブファイナンス」のエコシステムへのユーザーの貢献が適切に反映されるよう、設計されているとのこと。

今回開始された「ラマレース」は「チャプター1」から「チャプター5」まで予定されている。

「チャプター1」では主にウォレット接続や、ソーシャル・アクティビティを通じて「ネイピアポイント」が獲得できるようになっている。それ以降のチャプターでは、「ネイピアファイナンス」にてLST(リキッド・ステーキング・トークン)やLRT(リキッド・リステーキング・トークン)を保有すること等のアクションを通じて「ネイピアポイント」が得られるとのこと。

なおプログラムが進むにつれて、獲得できる「ネイピアポイント」は減少するとのことだ。

ネイピアラボは昨年11月、プレシードラウンドで約1.5億円の資金調達を完了。同ラウンドには、カーブファイナンス(Curve Finance)、ディファイラマ(DeFiLlama)、コンベックスファイナンス(Convex Finance)、リクイティ(Liquity)などの著名なDeFiプロジェクトを中心に、国内外の投資家らが出資参加した。

なお「ネイピアファイナンス」は元々、ハッカソンから生まれたプロジェクトだ。そのアイデアとプロトタイプは、イーサリアムコミニティのハッカソン ETHOnline 2022 で披露され、Aave や Yearn などの著名な DeFi プロジェクトらから複数の賞を受賞した実績がある。なお「ネイピアファイナンス」の開発をリードするネイピアラボは、日本人起業家の小副川祐輔氏が起業したドバイ拠点の企業だ。

関連ニュース

参考:ネイピア
images:iStocks/ne2pi

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している