暗号資産決済「Slash」、独自トークン「SVL」のエアドロップ実施へ

SlashがSVLのエアドロップ実施へ

スラッシュフィンテックリミテッド(Slash Fintech Limited)が、独自トークン「Slash Vision Labs Token:スラッシュビジョンラボトークン(SVL)」のエアドロップ実施を3月25日発表した。

発表によると「SVL」のエアドロップ対象者は、アリスNFT(Alice NFT)ホルダー、暗号資産(仮想通貨)決済「スラッシュペイメント(Slash Payments)」発行のギャラクス(Galxe)OAT&ポイントホルダー、「スラッシュ」 x バイビットジェネシスNFT(Bybit Genesis NFT)ホルダーとのこと。

エアドロップにおけるスナップショット(権利確定日)は近日中に実施予定となっており、エアドロップ対象者はエアドロップされる「SVL」の総額を「スラッシュペイメント」の独自プラットフォームにて確認できるようになるという。

その為スナップショットが実施されるまでの間は、アリスNFT、OAT、ジェネシスNFTを獲得することでエアドロップの割り当てを増やすことが可能とのこと。

なお現在エアドロップ対象外のユーザーについては、「スラッシュペイメント」コミュニティへの参加や早期アクセス、今後開催予定のデイリータスクキャンペーンに参加すると、エアドロップ対象になる可能性があるとのことだ。

また「SVL」を一定期間ステーキングすることで、SVLタイムロックNFT(SVL TimeLock NFT)と呼ばれるソウルバウンドトークン(SBT)を保有できるとのこと。

このSBTを保有するユーザーには、マントルネットワークの独自トークン「MNT」が還元されるという。SBT保有者への「MNT」還元は「ユーザー還元型の分散型決済サービス」として、「スラッシュペイメント」や今後展開されるサービスで発生した利益で「MNT」を市場から買い上げることで実現するとのこと。

「SVL」はERC20規格に基づいて、モジュラーブロックチェーンであるマントルネットワーク(Mantle Network)上で発⾏されるとのこと。ちなみにスラッシュフィンテックリミテッドは今年1月にマントルネットワークと提携し、「スラッシュペイメント」をイーサリアム(Ethereum)ネットワークからマントルネットワーク上へ移行している。

なお「SVL」は、2024年上半期に暗号資産取引所へ上場予定とのことだ。

「スラッシュペイメント」とは

「スラッシュペイメント」は、顧客が暗号資産で決済する際に支払先が受け取り希望する暗号資産を持たなくとも、顧客自らが保有する暗号資産が決済画面において自動的にスワップされ、支払先希望の暗号資産で支払いができるサービスだ。システムがDEX(分散型取引所)ルーターと連携することで、最適なレートで暗号資産をスワップする仕組みとなっている。

ユーザーが支払いに利用できる暗号資産は「スラッシュペイメント」がサポートするブロックチェーン上で発行されている1400以上の銘柄がサポートされているとのこと。また売り上げとして暗号資産を受け取る導入店舗側はUSDT・USDC・DAI・JPYC・wETHといったステーブルコインを選択して受け取りができるようになっている。また導入店舗は、コントラクトの発行を行うだけでQRコード/APIの利用が可能となっている。

現在同サービスでは「Oasys」の他、イーサリアム(Ethereum)、BNBチェーン(BSC:BNB Smart Chain)、Polygon PoS(ポリゴンPoS)、アバランチ(Avalanche)のCチェーン、アスターネットワーク(Astar Network)、アービトラムワン(Arbitrum One)、OPメインネット(OP Mainnet)、マントルネットワーク(Mantle Network)のブロックチェーン上の暗号資産での支払いに対応している。

なおスラッシュフィンテックリミテッドでは「スラッシュペイメント」の他に、NFTに暗号資産の預入と引出ができるサービス「Slash Vaults(スラッシュボールト)」も提供している。

関連ニュース

images:iStocks/Aleksei_Derin

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した