香港規制当局が新たにCBDCプロジェクト開始、RWAトークン化に焦点

「プロジェクトアンサンブル」が開始

香港金融管理局(HKMA)が、香港におけるトークン市場の発展を支援するための新たな中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクト「プロジェクトアンサンブル(Project Ensemble)」を開始した。同局が3月7日発表している。

この新プロジェクトでは、ホールセール型中央銀行デジタル通貨(wCBDC)を通じて、トークン化されたマネーの円滑な銀行間決済を促進する金融市場インフラを模索するという。

まずは、トークン化預金に焦点を当てるという。トークン化預金とは、商業銀行預金をデジタル化したもの。一般消費者が利用できるようにするために商業銀行が発行している。

wCBDCを基盤として、トークン化預金をトークン化資産の取引に使用できるようになる予定だ。

さらに「プロジェクトアンサンブル」では、トークン化された現実資産(RWA)の決済などのユースケースをさらに研究・テストするという。

なおテストされるRWAの例としては、グリーンボンド、炭素クレジット、航空機、電気自動車充電ステーション、電子船荷証券などが挙げられている。

またHKMAは今年、wCBDCサンドボックスを立ち上げる予定とのこと。wCBDCサンドボックスが業界から十分な関心を集めた場合、HKMA は適切な時期にwCBDCの「本番」発行を実施する予定だという。

またHKMAは、wCBDCの業界標準や将来を見据えた戦略の策定を推進するために、地元銀行や多国籍銀行、デジタル資産業界の主要企業、テクノロジー企業、CBDC専門家グループからなるコミュニティを設立する予定だという。

HKMAのエディー・ユエ(Eddie Yue)最高責任者(CEO)は、「プロジェクト・アンサンブルは、香港の活気ある金融業界に新たな活力を与え、トークン化された資金と資産における香港の最前線の地位を強化するだろう。私たちは、グローバルな才能と業界関係者が香港に来て、この非常にエキサイティングなトークン化の旅に参加することを歓迎する」と述べている。

なお香港ではすでに債券トークン化が実施されている。

HKMAは昨年2月、香港が8億香港ドル(当時の価格で約137.3億円)のトークン型グリーンボンド発行に成功したことを発表している。なお政府が発行したトークン化グリーンボンドとしては世界初になるとのことだった。

関連ニュース

参考:HKMA
images:iStocks/ValeryBrozhinsky・royyimzy・Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資