バイナンスが「日本円建て」の板取引を提供へ、BTC・ETH・BNBとの3ペアで日本含む全ユーザー対象に

バイナンスが「日本円建て」の板取引を提供へ

大手海外暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、現物取引において日本円の取引ペア3種を導入すると3月7日発表した。

対象となるのはBNB/JPY、BTC/JPY、ETH/JPYだ。

同サービス提供開始は、日本時間で3月12日17:00となっている。

なおこれに合わせ、同取引所の日本法人バイナンスジャパン(Binance Japan)でも、日本円建ての板取引(オーダーブック)を提供開始する。開始時刻も同様だ。

つまり日本を含む全バイナンスユーザーに日本円の現物取引ペアが提供されることになった。

これを記念してバイナンスでは、3月12日17:00〜4月11日16:59(日本時間)の期間にて、全ての日本円建てペアの現物取引を対象とした、取引手数料無料キャンペーン実施するとのことだ。

バイナンスジャパン代表取締役の千野剛司氏は、「日本円建ての板取引サービスは、日本国内のユーザーの皆様から最もご要望の声が多かったサービスの一つです。この度、期間限定の手数料無料キャンペーンを同時開催することで、より多くのユーザーの皆様にBinanceの日本円建て板取引サービスをご利用いただければ幸いです」とリリースにてコメントしている。

バイナンスジャパンでは先月2月、新たに3銘柄の暗号資産を取扱い開始し、国内最多の取り扱い数50銘柄となっている。

関連ニュース

参考:バイナンス
images:iStocks/Svetlana-Borovkova

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored