ファントムが「Wallet Watcher」提供開始、任意のウォレットを監視可能に

ファントムが「Wallet Watcher」提供開始

暗号資産(仮想通貨)ウォレット「ファントム(Phantom)」が、新機能「ウォレットウォッチャー(Wallet Watcher)」を提供開始した。「ファントム」の公式Xアカウントより2月23日発表された。

「ウォレットウォッチャー」は、任意のウォレットアドレスを閲覧専用アカウントとして自身のファントムに追加できる機能。

同機能は、ブラウザ拡張機能版およびアプリ版に対応している。なお対応ネットワークはファントムが対応しているソラナ(Solana)、イーサリアム(Ethereum)、ポリゴン(Polygon)、ビットコイン(Bitcoin)となっている。

ファントムによると同機能は、友人やトレーダー、業界のリーダーのウォレットのアクティビティを確認することや、トップコレクターが収集するNFTを確認することに活用できるという。

今までは任意のウォレットを確認するには、SolscanやEtherscanなどのデータ分析プラットフォームを利用する必要があったが、「ウォレットウォッチャー」では、自身のウォレットを利用する感覚で任意のウォレットの状態が確認できるようになる。

利用方法は、ファントムの画面左上にある「機能」を押下し、アプリ版は「アカウントの管理」から「ウォレットの追加/接続」。ブラウザ版は左下にある「ウォレットの追加/接続」に進む。そうすると共に「アドレスを監視」が出てくるため、そこに任意のウォレットアドレスと対応ネットワークを選択する。これにより入力したウォレットアドレスが監視可能になる。

なお同機能は、イーサリアムネームサービス(ENS)等のweb3ドメインにも対応している。

関連ニュース

images:iStocks/Ket4up

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない