「Phantom」ウォレットが「Cross-Chain Swapper」公開、アプリ内でトークンブリッジ可能に

「Phantom」が「Cross-Chain Swapper」公開

暗号資産(仮想通貨)ウォレット「ファントム(Phantom)」が、トークンブリッジ機能「クロスチェーンスワッパー(Cross-Chain Swapper)」の追加を11月21日発表した。

この機能に対応するブロックチェーンは、現在「ファントム」で利用できるソラナ(Solana)・イーサリアム(Ethereum)・ポリゴン(Polygon)の3チェーンだ。同機能利用により、同チェーン上に保有するトークンを他の対応チェーン上の指定されたトークンへブリッジ可能になるとのこと。

発表によると送信元のトークンは、対応チェーンのどのトークンでも対応しているとのこと。ただし送信先のトークンは各チェーンによって異なっている。

イーサリアムからソラナ、ポリゴンからソラナへのブリッジはUSDCのみになる。ソラナからイーサリアムもしくはポリゴンの場合はUSDCかUSDTにブリッジができる。そしてイーサリアムからポリゴン、ポリゴンからイーサリアムについてはUSDC・DAI・USDT・wETHの4銘柄へのブリッジが可能だ。

また「クロスチェーンスワッパー」には、ブリッジする送信先の任意のステーブルコインとは別に、送信するトークンの一部から送信先のチェーンのガス代(取引手数料)となるネイティブトークンに変換する機能「Refuel(リフューエル)」も内蔵されている。

同機能により、送信先のチェーンにてガス代の心配なく、取引が開始できるとのことだ。

「ファントム」では先月10月にも新機能を追加していた。「ファントム」のモバイルアプリ版に、写真や動画をソラナ上にNFTとしてミント(発行/鋳造)できる機能が追加されている。

関連ニュース

参考:ファントム
images:iStocks/SiberianArt・artacet

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した