「ファントム」モバイルアプリ、写真や動画のNFT化が可能に

Phantomモバイルアプリで写真・動画のNFT化が可能に

暗号資産(仮想通貨)ウォレット「ファントム(Phantom)」のモバイルアプリ版に、写真や動画をソラナ(Solana)上にNFTとしてミント(発行/鋳造)できる機能の追加が10月30日発表された。

この機能では、アプリからの撮影も可能となっている。その撮影した写真や動画、またはカメラロールに保存されている写真・動画を、ソラナ上のNFTとしてミントできるとのこと。動画については最大15秒まで対応可能だ。

なお同機能は、ウォレットの「所有コレクティブル」のページ右上の「+」に新たに追加された。

ミント時の手順としては、NFT化する写真または動画の題名と説明をアプリ上で入力するだけとなっており、ユーザーは1ドル未満でNFTをミントできるという。なおミントしたNFTは、ウォレット内で自身のデジタルフォトアルバムとしてコレクタブルタブに保存できるとのこと。

またこの機能を試したユーザーには、ファントムなら記念の報酬としてファントムコレクションが送られるとのこと。なお同機能リリースから約48時間で7,000のNFTがミントされたようだ。

これまで「ファントム」は、ソラナブロックチェーンのウォレットとして知られていたが、現在はイーサリアム(Ethereum)とポリゴン(Polygon)にも対応している。今回の機能はソラナ上のNFTにのみ対応している。

関連ニュース

参考:ファントム
images:iStock/Molnia

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資