TRONとHTXのジャスティン・サン、ビットコインL2へのロードマップ発表

ジャスティン・サンがビットコインL2へのロードマップを発表

ジャスティン・サン(Justin Sun)氏が、トロン・ブロックチェーン(TRON Blockchain)とビットコイン(Bitcoin)L2の統合に向けたロードマップを同氏のXアカウントから2月15日に発表した。

サン氏は中国の起業家で、トロン・ブロックチェーンやビットトレント(BitTorrent)の創業者兼暗号資産(仮想通貨)取引所HTXの実質的なオーナーとして知られている。 ・同氏の発表したロードマップは3段階に分かれている。

第1段階となる「ステージα」では、トロン・ブロックチェーンとビットコイン間のクロスチェーン接続の強化に重点を置き、トロン・ブロックチェーンとビットコインネットワーク間で移転および交換が可能なトークンを増やしていくとのこと。

第2段階の「ステージβ」では、ビットコインL2エコシステムの成長に向けていくつかのビットコイン・レイヤー2のプロトコルと戦略的パートナーシップを結ぶ予定だという。

さらに第3段階にあたる「ステージγ」では、高速かつ低コストのプルーフ・オブ・ステーク(PoS)システムに、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)システムと未消費取引出力(UTXO)モデルの高いセキュリティを融合することを目的に、トロン・ブロックチェーンとビットコインネットワーク、さらにはビットトレントチェーン(BitTorrent Chain)を統合するとのこと。

この一連の流れにより、主要ステーブルコインをはじめとしたさまざまなトークンをビットコインネットワークに統合し、更に分散化させることが最終的な目標とのことだ。

トロン・ブロックチェーンは、ジャスティン・サン氏が創設したトロン財団(Tron Foundation)によって開発されたブロックチェーン。コンセンサスにはPoSシステムが使用されており、ガス代としてはネイティブトークンの「TRON」が使用されている。 

関連ニュース

images:iStocks/Wirestock

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ