HTXが「HTX DAO」ローンチ、ガバナンストークン「HTX」も発行へ

HTをガバナンストークンHTXに移行へ

海外暗号資産(仮想通貨)取引所のHTXが、HTX DAOの設立およびガバナンス機能付きプラットフォームトークン「HTX:HTX DAO」を発行し、独自に発行しているプラットフォームトークンである「HT:Huobi Token」からの移行を発表した。HTX DAOは1月18日に設立され、トークンの移行に関しては1月20日に発表されている。

なおHTXは、現在発行している「HT」トークンのスポット取引やステーキングサービスをはじめとしたサービスを1月22日までに終了している。

また「HT」トークン保有者に提供していた手数料割引などのトークン保有によるメリットも順次停止していき、「HTX」トークンにそれらの機能を追加して行くとのことだ。

なお現在HTXは、「HT」トークンを「HTX」トークンに変換するサービスを提供しており、来年の1月まで利用可能だ。

HTXは、フォビ(Huobi)を昨年9月にリブランディングした暗号資産取引所。「H」はHuobi(フォビ)、「T」はTRON(トロン)、「X」はExchange(取引所)に由来しているという。

HTXは中国の起業家で、トロン・ブロックチェーン(TRON Blockchain)やビットトレント(BitTorrent)の創設者あるジャスティン・サン(Justin Sun)氏が買収しており、実質的なオーナーとして知られている。

サン氏は、HTX DAO設立に際して自身のXアカウントで「業界全体を見ると、集中型取引所の運営は依然として極度に集中化されています。Huobiは初の人民取引所、初の分散型取引所、そして初の民主的かつ自律的な取引所となるべきです。そしてこれらすべてはHTX DAOを通じて達成されます。私たちは、将来のあらゆる取引所がHTXのような人々のための取引所となることを心から願っており、歓迎します」とコメントしている。

関連ニュース

参考:HTXブログ
images:iStocks/ustinroque

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored