DEX「Sushi」が分散型デリバティブ取引所「Susa」立ち上げへ、Layer Nと提携で

Sushiが分散型デリバティブ取引所「Susa」立ち上げへ

分散型取引所(DEX)の「スシ(Sushi)」が、イーサリアム(Ethereum)のレイヤー2ネットワーク「レイヤーN(Layer N)」と提携し、同ネットワーク上で分散型の高速デリバティブ取引所「スサ(Susa)」をリリースすることを2月13日に発表した。

発表によると「スサ」は、約定日が設定されていないパーペチュアル取引(永久取引)が行える分散型取引所(DEX)として公開される予定で、今年の上半期中にテストネット上でリリースされる予定とのことだ。

「スサ」の公式Xアカウントの投稿によると、同取引所は「前例のない規模と機能」、「パーミッションレスのエコシステム」、「資本効率を10倍にするメカニズム」、「フルオンチェーンのオーダーブック」という4つの点で単なる永久取引所には留まらないとのことだ。

また「スサ」には、まだ明らかになっていないユーザー中心の機能が多数導入される予定であることも語られている。

現在「スサ」は、リミテッドベータ版の登録が開始されており、公式サイトからメールアドレスとウォレットを用いて登録することで参加資格を受け取られるとのことだ。

「レイヤーN」は、イーサリアムステートネット(Ethereum StateNet)という仕組みを採用した新しいL2ネットワーク。アプリケーションごとに固有のロールアップを採用したノードを保有でき、ノード間での通信や流動性の移動はシームレスに行うことが可能だ。

また「レイヤーN」は、N-EVMというイーサリアムに搭載された仮想マシン開発であるEVM(イーサリアム仮想マシン)と互換性のある環境を提供しているため、イーサリアム上のアプリケーションをほぼ変更することなく移行可能だ。

なお同ネットワークのメインネットは、今月中にローンチすることが予定されている。

1月には、今月公開されるパブリックテストネットに先立ち非公開のテストネットにてテストを行い、継続的に毎秒2万トランザクションを処理し、ピーク時には12万TPS(トランザクションパーセカンド)を達成したことが発表されている。

関連ニュース

参考:スサ公式サイト
images:iStocks/Nobi_Prizue

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ