ソラナのミームコイン「Bonk(BONK)」が英Revolutに上場へ、学習キャンペーン実施で約1.8億円のBONK配布の計画も

11.9%急騰も

英フィンテック企業レボリュート(Revolut)が、ソラナネットワーク上に発行されているミームコイン「ボンク:Bonk(BONK)」を上場し、ユーザー向けに暗号資産(仮想通貨)に関する学習キャンペーンを実施する計画のようだ。各社が2月15日報じている。

BONKの背後にある分散型自律組織(DAO)の「Bonk DAO」の2月14日のメモには、BONKが「3,800万人以上のユーザーを持ち、銀行免許の下で運営され、50カ国以上で展開されているヨーロッパ最大級のフィンテック企業との提携を開始する」と記されている。また同パートナーシップでは「学んで稼ぐ(Learn and Earn)キャンペーン」を通じて、50万人の新規BONKユーザーを獲得することに焦点を当てるとのことだ。

また米コインデスク(CoinDesk)によれば、レボリュートはアプリを通じてBONKを知ったユーザーへの報酬として、一部のユーザーにBONKを配布する予定だという。

また関係者の話によれば、暗号資産BONKを管理するBONK統治評議会で採決されている提案では、学習キャンペーン用に930億BONKトークン(約120万ドル相当:約1.8億円)が自動的に計上される計画だという。

なお記事執筆時点(2024年2月15日13:10)で、同提案への投票は反対票無しで終了しており、提案は可決されている。

ちなみに記事執筆時点のBONKの価格は約0.00001407ドル(約0.0021円)。24時間で11.9%上昇している。なお時価総額は約8.5億ドル(約1277億円)だ。(コインゲッコー調べ)

関連ニュース

参考:BONK DAOCoinDesk
images:iStocks/NejauPhoto

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道