ソラナのミームコイン「Dogwifhat(WIF)」、バイナンス取扱開始で価格が約6倍に

Dogwifhat(WIF)の価格が約6倍に

ソラナネットワーク上に発行されているミームコイン「ドッグウィズハット:Dogwifhat(WIF)」の価格が、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)提供の先物取引サービス「バイナンスフューチャーズ(Binance Futures)」での取扱開始後、約6倍の値を付けた。

「WIF」の価格は今月8日時点で約12円(0.07868ドル)だったが、18日に「バイナンスフューチャーズ」で取扱が開始されたのち、過去最高値となる約67円(0.4534ドル)となった。記事執筆時点の「WIF」の価格は、約56円(0.3767ドル)だ(1/19 22:30 Coin Market Cap調べ)。

なお「バイナンスフューチャーズ」における「WIF」の取扱は、無期限先物取引でレバレッジ最大倍率が50倍となっている。

また「WIF」の時価総額は現在約553億円(373,630,270ドル)となっており、ミームコインの時価総額ランキングの中では第5位だ。なお1位はドージコイン(DOGE)、2位はシバイヌ(SHIB)、3位はボンク(BONK)、4位はペペ(PEPE)となっている。

なお「WIF」はバイナンスの他、海外暗号資産取引所のゲート(Gate.io)やMEXCグローバル(MEXC Global)、クーコイン(KuCoin)などで上場している。

関連ニュース

参考:バイナンス
images:iStocks/solarseven

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も