バイナンスローンチプール、「Pixels(PIXEL)」取扱へ

Binance LaunchpoolでPIXEL取扱開始へ

大手海外暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、同社提供の「バイナンスローンチプール(Binance Launchpool)」における暗号資産ピクセルズ:Pixels(PIXEL)の取り扱い予定を2月8日発表した。

PIXELは、Web3ゲーム用に設計されたEVM互換のブロックチェーン「ローニンネットワーク(Ronin Network)」上に構築されたゲーム「ピクセルズ(Pixels)」のユーティリティトークンだ。

「バイナンスローンチプール」ではユーザーが、BNBもしくはFDUSDを個別のプールにステーキングすることでPIXELを獲得できる仕組みになっている。PIXELの取り扱いは2月9日0:00(UTC)より開始し、10日後の18日23:59(UTC)までの10日間利用可能とのこと。

なお今回のPIXELによる「バイナンスローンチプール」では、同トークン総供給量は5,000,000,000PIXELで、350,000,000PIXELが報酬対象になるようだ。

同サービスでのBNBステーキングの場合、報酬総額の80%となる280,000,000PIXELが報酬対象だ。またFDUSDの場合は、報酬総額の20%となる70,000,000PIXELが報酬対象になるという。なおユーザーに分配される報酬は、ユーザーがステーキングしたトークン数によって異なるようだ。

またバイナンスでは流動性条件が満たされ次第、取引所において19日10:00(UTC)よりPIXELの取り扱いを開始するとのこと。取引ペアについてはPIXEL/BTC、PIXEL/USDT、PIXEL/BNB、PIXEL/FDUSD、PIXEL/TRYとなっている。

バイナンスローンチプールとは

「バイナンスローンチプール」は、ユーザーがBNBなどの特定のトークンを対象プロジェクトのプールにステーキングすることで、暗号資産プロジェクトが発行するネイティブトークンを獲得できるサービスだ。プロジェクト側は同プラットフォームの利用により、バイナンスにトークン上場ができる仕組みとなっている。

なおトークンセールを行うIEOプラットフォームの「バイナンスローンチパッド(Binance Launchpad)」とは異なり、トークンをステーキングすることでプロジェクトのトークンが獲得できるのが特徴だ。

「バイナンスローンチプール」に参加する為には、ユーザーはBinance.comアカウントと、0.1以上のBNBまたはプール内でサポートされているトークンが必要となっている。

「バイナンスローンチプール」におけるPIXELの取り扱いは46番目のプロジェクトとなっており、45番目のプロジェクトは暗号資産オルトレイヤー:AltLayer(ALT)だった。

関連ニュース

参考:バイナンス
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored