ワールドコイン(WLD)、シンガポールで「Orb」検証サービス開始

シンガポールでサービス開始

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」が、シンガポールで「オーブ(Orb)」検証サービスが利用可能になったと12月27日発表した。

「ワールドコイン」は「オーブ」と呼ばれるボール状のデバイスで網膜をスキャンし、各人それぞれの虹彩の特徴をデジタルコードに変換することで個人を識別する「World ID」を発行している。「オーブ」検証サービスは今年4月より東京から開始されており、北米やヨーロッパ、中東、アジアの多くの場所で行われてきた。「オーブ」のスキャンは無料ででき、スキャンしたユーザーは暗号資産「Worldcoin(WLD)」が受け取れる。

また発表によるとワールドコイン関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)がシンガポールのスタートアップのアクセス(ACCESS)とシンガポール・フィンテック協会(SFA)のメンバーになったという。

ワールドコインはこの動きを「プロジェクトの立ち上げと協会への加盟は、TFH製品開発チームのメンバーが最近行ったアジアでの複数都市ツアーを受けたもの」だと説明している。

ユーザー拡大を強調

また今回の発表では、ワールドコインの「ワールドアプリ(World App)」のダウンロード数は500万ダウンロードを突破し、MAU(月間アクティブユーザー数)は170万人になったことが伝えられている。また、アプリ上の総取引数は3000万件を超えたとのことだ。

ワールドコインについて

ワールドコインは、AIチャットボットサービス「ChatGPT」を提供するオープンエーアイ(OpenAI)のCEOであるサム・アルトマン(Sam Altman)氏によって設立され、7月24日に正式ローンチしたプロジェクトである。

ワールドコインの「オーブ」はこれまでインド、ブラジル、フランスの他に、アルゼンチン、チリ、ドイツ、香港、日本、韓国、ポルトガル、スペイン、アメリカで設置されており、新たな設置国としてメキシコとシンガポールで展開されている。なおケニアでも「オーブ」は設置されていたが、今年8月にケニア内務省により「ワールドコイン」によるケニアでの活動は一時停止となっている。

また12月には、インド、ブラジル、フランスでの「オーブ」検証サービスが終了したことが報じられている。

関連ニュース

参考:ワールドコイン
images:iStock/Irina-Shibanova

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない