ヴィタリック、「zkEVM」をイーサリアムに実装する考えをブログで発表

ヴィタリックがイーサリアムに「zkEVM」実装を検討

イーサリアム(Ethereum)の共同創業者であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏が、イーサリアムのプロトコルに「zkEVM」を実装する考えを自身のブログにて明らかにした。

なおこの投稿は12月13日に「What might an “enshrined ZK-EVM” look like?:プロトコルに標準実装されたzk-EVMはどのようなものでしょう」というタイトルで投稿された。

「zkEVM」はゼロ知識証明(zero-knowledge proof:zkp)を活用して、イーサリアムの仮想マシンであるEVM(イーサリアム仮想マシン)に代わってコントラクトやブロックチェーン内のステート(状態)の変化を計算する仮想マシンのこと。

「zkEVM」はロールアップを利用したL2ブロックチェーンに比べ、ファイナリティまでの速度やセキュリティ、プライバシー、プログラマビリティ、スケーラビリティなどの点で優れており、「zkSync Era」や「Polygon zkEVM」といったブロックチェーンで採用されている。

今回のヴィタリックの投稿によると、現状の「zkEVM」は、メインネットで稼働しているEVMに環境を揃えるため、EVMが更新されるたびにガバナンスなどを行った上でアップグレードする必要がある。そのためコストが高いことや、セキュリティ面でのリスクを抱えざるを得ないという課題があるという。

そのため同氏はイーサリアムのプロトコルにネイティブで「zkEVM」を実装し、ロールアップ型のL2ブロックチェーンから実行する方法や、そのメリットなどをブログにて述べている。

また「zkEVM」の開発を独自に進めていたL2ブロックチェーンチームに対しては、プロトコルで標準実装された場合にもこれまでと同じようにL2として稼働していくことになるという見方を示している。

その理由としてL2ではイーサリアムが実装しない要素を組み込むことで、高速な事前承認やMEVの緩和、EVMの拡張ができること、ユーザーや開発者に対する利便性が高いことなどが挙げられている。

関連ニュース

参考;ヴィタリックブログ
images:iStocks/olegback・artsstock

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ