バイナンスがアブダビでのライセンス申請を取り下げ、米政府との和解とは無関係と強調

米政府との和解とは無関係

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、アブダビでの集団投資ファンド運営ライセンスの申請を取り下げた。ロイターをはじめ、各社が12月7日報じている。

UAE(アラブ首長国連邦)の金融規制当局であるアブダビ・グローバル・マーケット(Abu Dhabi Global Market:ADGM)のWebサイトによれば、バイナンスのUAE法人であるBVインベストメント・マネジメント(BV Investment Management)による申請は11月7日に取り下げられている。

バイナンスの広報担当者はロイターに対し、申請を取りやめた理由を、世界的なライセンスニーズを考慮した結果、必要ないと判断したためと述べている。

また広報担当者は、今回のライセンス取り下げと、バイナンスの米国政府との和解は、無関係であることを強調したという。

バイナンスホールディングスは11月、43億ドル以上の罰金支払いに合意し、米国のアンチマネーロンダリング法と制裁法違反を認めた。同社前CEOのチャンポン・ジャオ(Changpeng Zhao:CZ)氏も有罪を認めており、また連邦ガイドラインで最高18か月の実刑判決に直面し、同氏はその刑期まで上訴しないことに同意している。

なお同氏の判決公判は来年2024年2月23日に予定されているが、それまでCZ氏は居住するUAEへ帰国することは許されていない。

ADGMは、2018年に世界初の暗号資産規制フレームワークを導入したUAEの首都にある国際金融センターだ。暗号資産活動における主要なグローバルハブ及びビジネスプラットフォームとしての地位を確立しているという。なおADGMに登録された金融サービス事業者は、アブダビ金融サービス規制当局(The Financial Services Regulatory Authority:FSRA)が定める特定の義務を果たす必要がある。

関連ニュース

参考:報道ADGM
images:iStocks/Jag_cz・Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored