ブラジル大手銀イタウ、暗号資産取引を開始=ロイター

BTC、ETHより提供開始

ブラジルの銀行イタウ・ウニバンコ(Itau Unibanco)が、同社の投資プラットフォームの顧客向けに暗号資産取引サービスを12月4日に開始した。

デジタル資産の責任者であるグト・アントゥネス(Guto Antunes)氏はインタビューにて、イタウの新サービスはまず、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の取引からスタートするが、後に他の暗号資産も追加することを目指すと語った。

「ビットコインからスタートしますが、将来的には他の暗号資産にも拡大するのが包括的な戦略計画です」と同氏は述べ、拡大するかどうかは国内の暗号資産規制の進展次第だと付け加えた。

この動きにより、イタウはブラジルにおいて、暗号資産取引所のメルカド・ビットコイン(Mercado Bitcoin)や投資銀行BTGパクチュアル(BTG Pactual)のデジタル資産部門ミント(Mynt)、さらにはバイナンス(Binance)のような世界的大手などの他の地元企業と競争することになる。

またイタウはカストディアンとしての役割も果たし、ユーザーの資産を保護するため、ライバルとは一線を画すだろうとアントゥネス氏は主張した。 この動きは、2つの国内企業が暗号資産市場からの撤退を発表してから約1ヶ月後のことである。

証券会社や投資会社のXPは、暗号資産サービスを停止する理由を明らかにしなかったが、食肉業者JBSを傘下に持つコングロマリットJ&Fが所有する金融サービス会社ピックペイ(PicPay)は、規制上の不確実性を理由に挙げた。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
Brazilian lender Itau launches crypto trading
Reporting by Paula Arend Laier; Writing by Andre Romani; Editing by Kylie Madry and Chris Reese
翻訳:髙橋知里(あたらしい経済)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した