FTX元CEOのSBF氏、刑事裁判の7つの容疑で有罪=報道

SBFが7つの罪で有罪

昨年11月に破綻した海外暗号資産(仮想通貨)交換業者FTXの創業者で前CEOサム・バンクマンフリード(Samuel Bankman-Fried:SBF)氏が、FTX詐欺の裁判にて訴えられている7つの容疑で有罪となった。11月2日にニューヨークの陪審団による認定が下った。

判決日は2024年3月28日予定だ。SBF氏は最長で115年の懲役刑を受ける可能性がある。

ダミアン・ウィリアムズ(Damian Williams)連邦検事は「SBF氏は、アメリカ史上最大級の金融詐欺を行なった」と述べ、「この種の詐欺、この種の汚職は昔からあること。我慢の限界だ」とコメントしている。

またSBF氏の弁護人であるマーク・コーエン(Mark Cohen)氏によれば、SBF氏は陪審員団の決定を尊重するものの、告訴とは闘う姿勢とのことだ。

SBF被告は自身のヘッジファンドであるアラメダリサーチ(Alameda Research)で発生した負債を支払うため、FTXの顧客から数十億ドルを盗んだとして訴えられている。本人は詐欺罪について無罪を主張していた。

なお今回SBF氏が有罪となった7つの容疑は、FTXの顧客およびアラメダ・リサーチの貸し手に対する電信詐欺および電信詐欺の共謀、FTXの投資家に対する証券詐欺および商品詐欺の共謀、マネーロンダリングの共謀である。

ちなみにFTXの共同創設者であるゲイリー・ワン氏及びアラメダリサーチの元最高経営責任者であるキャロライン・エリソン(Caroline Ellison)氏は、FTX破綻に関連する罪を認め、捜査に協力。法廷でも裁判で検察側の証人としてSBF氏に関する様々な証言を行っている。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している