Web3レストランアプリBlackbird、a16zらからシリーズAで約36億円の資金調達

Blackbirdが約36億円の資金調達

Web3レストランアプリ「Blackbird(ブラックバード)」を提供する米Blackbird Labs(ブラックバードラボ)が、シリーズAによる2400万ドル(約35.6億円)資金調達の実施を10月4日発表した。

なおこの資金調達ラウンドを主導したのはa16z(アンドリーセンホロウィッツ)。その他にもAmex Ventures(アメックスベンチャーズ)やBolt by QED(ボルトバイQED)が新たに参加した他、既存投資家であるUnion Square Ventures(ユニオンスクウェアベンチャーズ)、Shine(シャイン)、Variant(バリアント)が出資参加したとのこと。

また大手レストラングループのQuality Branded(クオリティブランディッド)、Rustic Canyon Family(ラスティックキャニオンファミリー)、Souvla(スブラ)、Brooks Reitz(ブルックスリッツ)も今回のラウンドに参加したという。

今回調達した資金については、「Blackbird」の新機能の開発に充てるとのことだ。

なお「Blackbird」は、米大手暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)開発のEthereum(イーサリアム)レイヤー2ネットワークBase(ベース)上に構築された分散型アプリケーション(Dapps)だ。iOS版のみが提供されている。

リリースによると「Blackbird」は、レストランとロイヤルティ(愛着)の高い顧客との深い結びつきを実現するためのアプリケーションとのこと。ユーザーは「Blackbird」と提携しているレストランにて、スマートフォンでNFCリーダーを読み込み電話番号を入力することでそのレストランの会員登録が可能とのこと。これにより「会員NFT」が発行されるという。

また来店の際に認証をすることで、同アプリのネイティブリワードトークンとなる「FLY」が獲得できる仕組みとなっている。来店ごとにユーザーのステータスがレベルアップし、サプライズメニューなどの特典が受けられる他、「FLY」を利用した特定のメニューが注文できるとのことだ。

また「Blackbird」のデータ提供プログラムに登録したユーザーは、個人情報を提供することで「FLY」の獲得数が3倍になるとのこと。登録ユーザーが会員となったレストランは、ユーザー提供のデータが見られるようになっているという。

関連ニュース

参考:ブラックバードa16z
デザイン:一本寿和
images:iStocks/ChrisGorgio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored