暗号資産でホンダ車やベンツが購入可能に、決済サービスFCFペイで

ホンダ車が暗号資産で購入可能に

暗号資産(仮想通貨)決済サービスのFCFペイ(FCF Pay)で、ホンダ(Honda)の自動車の購入できるようになったとFCFペイがX(旧Twitter)にて9月27日発表した。

FCFペイは発表にて、「FCFペイを通じて、夢のホンダ車をファイナンス、リース、購入しよう」と述べている。

なおFCFペイのウェブサイトによると同サービスは、米国居住者のみに提供されているとのことだ。

ベンツ購入や銀行支払いにも対応

またFCFペイは同発表から今日に至るまで、様々な企業との連携を発表している。

具体的には、HSBCやチェース銀行での住宅ローン支払い、メルセデス・ベンツでの車購入、コスメデパートのセフォラ(Sephora)での化粧品購入などにFCFペイが対応開始したとのことだ。

FCFペイについて

カナダに拠点を置くFCFペイは、暗号資産決済のためのサービスを提供している企業だ。同社提供の支払いサービス「FCFペイ」は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ドージコイン(DOGE)、シバイヌ(SHIB)、BNB、XRP等を含む数十種類の暗号資産に対応している。

FCFペイでは、購入品の法定通貨での価格を、通貨変換APIを活用して注文支払いの見積もりを提供する。販売業者とユーザーが暗号資産の交換に同意することで、48時間以内に支払いが完了する仕組みだ。なお支払手数料は支払いごとに2%+3ドルとのことだ。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStocks/artsstock

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored