オーストラリア証券取引委員会、eToro現地法人を提訴へ、レバレッジ商品の違反で

現地規制当局がイートロオーストラリアを訴訟へ

オーストラリア証券投資委員会(ASIC)が、投資プラットフォームのイートロ(eToro)のオーストラリア法人「イートロオーストラリアキャピタルリミテッド(eToro Aus Capital Limited)」を、差金決済取引(CFD)商品の設計・販売義務に違反しているとして提訴する意向を8月2日表明した。

CFDは金融派生商品の一種で、「差金決済取引」のことを指す。トレーダーや投資家が原資産そのものを所有することなく、株式・株価指数・コモディティ・外国為替レート・暗号資産などの価格に投機できる取引または金融商品だ。

なおイートロの暗号資産CFDでは、特定の資産に対して、最大2倍のレバレッジをかけることが可能だ。

ASICによればCFD商品のリスクは原資産にも独自のリスクがあり、「暗号資産のような極めてハイリスクでボラティリティの高い商品」が含まれる場合、そのリスクは高まるという。

ASICはまた、イートロのCFD対象市場は広すぎるため、CFD取引のリスクを理解していないユーザーも対象に含まれる可能性があると指摘。2021年10月5日から2023年6月14日の間に、イートロの顧客の29,965人が口座を開設し、そのうち約2万人の顧客がCFD取引で損失を被ったと主張している。またその総額は26,248,787.58豪ドル(約24.6億円)にのぼるとのことだ。

各社報道によればイートロの広報担当者はメディアらに対し、現在イートロオーストラリアは、CFDの対象市場範囲を修正し運営していると述べ、サービスへの影響及び中断はないと語ったという。

また、ASICの申立てについて検討段階であることも明かし、適宜対応するとも話しているという。

イートロは6月、米国居住者ユーザーを対象に、暗号資産のアルゴランド(ALGO)、ディセントラランド(MANA)、ダッシュ(DASH)、ポリゴン(MATIC)の4銘柄の取引制限を行うことを発表。この対応は米証券取引委員会(SEC)による規制強化の動きを受けてのものであった。

またASICは7月14日より、昨年破綻した大手暗号資産取引所FTXの子会社であるFTXオーストラリア(FTX Australia)の保有していたオーストラリア金融サービス(AFS)ライセンスを取り消している。

関連ニュース

参考:声明
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Wachiwit

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored

【2/21話題】USDCのトロンサポート終了へ、楽天証券がセキュリティトークン市場参入など

大和証券が国内初の「全額電子マネー利払い」の証券トークン社債発行へ、楽天証券が市場参入、プログマ活用で、サークル「USDC」、トロンのネイティブサポート終了へ、英国、今後半年以内に「ステーブルコインとステーキング関連の新規制」導入目指す=報道、エドワード・スノーデン、「ビットコインは貨幣の誕生以来最も重要な通貨の進歩」と評価、チリーズ(CHZ)が韓国サッカーKリーグと提携、スポーツリーグ初のバリデータに、国内初、商業施設を投資対象にした不動産セキュリティトークンが発行完了、クオーラム基盤「ibet for Fin」で、アプトス財団、web3スマホ「JamboPhone」販売のジャンボと提携