香港規制当局、OSLへ個人投資家向け暗号資産取引所の認可。ハッシュキーに続き

OSLが香港で個人投資家向け暗号資産取引所の認可

香港証券先物委員会(SFC)が、同地区における個人投資家向け暗号資産(仮想通貨)取引所の運営ライセンスをOSLデジタルセキュリティーズ(OSL Digital Securities)へ認可したことが8月3日発表された。

同日にはHashKey Exchange(ハッシュキーエクスチェンジ)が同様の認可を受けており、OSLはハッシュキーに続いて香港における2社目の個人投資家向けの認可済み暗号資産取引所となった。

なおハッシュキーおよびOSLからは、今回SFCからタイプ1(証券取引)ライセンスおよびタイプ7(自動取引サービスの提供)ライセンスを取得したと報告がされている。

この既存ライセンスのアップグレードによりハッシュキーエクスチェンジは、機関投資家から個人投資家に事業範囲を拡大することになった。

なおOSLによると取り扱い暗号資産は、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)となるようだ。

香港は、暗号資産取引所などの暗号資産サービスプロバイダー(VASP)に対する新たなライセンス制度を導入する法案を昨年12月7日に可決。同法律は今年6月1日より施行され、これにより個人投資家の暗号資産取引が解禁となった。

なおハッシュキーおよびOSLは同日にVASPライセンスをSFCへ申請していた。

香港政府はこれまで投資家保護の観点から、暗号資産取引を適格投資家のみに限定することを提言していた。しかし、それによりイノベーションの阻害や暗号資産事業者の海外流出、FTXのような海外取引所を利用することによる投資家被害などが発生したため、香港政府は2022年11月に「個人投資家による暗号資産取引の容認」を提案し、SFCが協議プロセスを開始した。

そのような流れを受け、今回の規制案には、個人投資家による暗号資産取引サービスの利用を認可する提案が含まれたというわけだ。ただし、取引が認められる暗号資産には条件があり、条件を満たす「適格な大型暗号資産」のみ取引可能とのことだ。

関連ニュース

参考:OSL
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Oleksandr-Shatyrov

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している