OKXのロゴが「マンチェスター・シティFC」のユニフォームに掲載、パートナーシップ拡大で

OKXのロゴがマンチェスターシティのユニフォームに掲載

海外暗号資産(仮想通貨)取引所OKX(オーケーエックス)が、イングランドのプロサッカークラブ「マンチェスター・シティFC」とのパートナーシップを拡大し、クラブの公式スリーブパートナーになったことを6月30日発表した。

今回のパートナーシップ拡大により、OKXのロゴが「マンチェスター・シティFC」の男子・女子ファーストチームユニフォームの左袖に掲載されることとなった。なお各社報道によると、契約期間は3年間で、OKXはクラブに7000万ドル(約101億円)を支払うという。

なおこの発表は「マンチェスター・シティFC」のホームグラウンド「エティハド・スタジアム」にて、「マンチェスター・シティFC」を保有するシティ・フットボール・グループの最高経営責任者フェラン・ソリアーノ(Ferran Soriano)氏と、OKXグローバル最高マーケティング責任者ハイダー・ラフィク(Haider Rafique)氏を招いて行われたという。

OKXは昨年3月より、初のサッカー分野へのスポンサーシップとして「マンチェスター・シティFC」と複数年にわたるパートナーシップ契約を締結している。この提携では「マンチェスター・シティFC」のホームスタジアム内で、OKXのロゴ等とブランドに関する掲示が行われるというものだった。

そしてOKXは同年7月に、3月より開始した「マンチェスター・シティFC」とのパートナーシップを拡大し、2022/23シーズンのクラブ公式トレーニングキットパートナーとなった。

なお今後もOKXのロゴは、前回のパートナーシップに続き、デジタルを含むメディア全体でも表示され、トップチームのトレーニングキット(練習着)の左袖にも掲載され続けるとのことだ。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:OKX
images:iStoks/coward_lion

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論