南アフリカ、年末までに暗号資産企業にライセンス取得を要求

南アフリカの暗号資産企業はライセンス取得が義務化へ

南アフリカ共和国で営業する暗号資産(仮想通貨)取引所は、年内までに営業ライセンスを取得して運営することが義務付けられるようだ。ブルームバーグが、同国の金融規制当局である金融セクター行動監督機構(FSCA)のウナティ・カムラナ(Unathi Kamlana)長官に取材した内容として7月4日報じた。

暗号資産関連企業へのライセンス取得の義務化は、アフリカ大陸の国としては初の事例になるとのことだ。

なお今回の報道によると営業ライセンスは数週間前から募集を開始しており、現在20件の申請がされているとのこと。カムラナ長官によると11月30日の申請期限までにさらに多くのライセンス申請が見込まれるとのことだ。

なお申請をせずに無許可で営業続ける業者には、閉鎖や罰金を科す強制措置をとる予定だという。

今回の方針については、暗号資産に関する投資家への潜在的な被害を考慮すると、規制導入は理にかなっているとカムラナ長官は述べているとのことだ。

なお南アフリカでは今年1月、同国の広告規制委員会ARB(Advertising Regulatory Board)が、暗号資産の広告に関する新たなガイドラインを発表していた。

これにより広告主は、同国での暗号資産に関する広告において、暗号資産への投資は資本を失う可能性があることを明示的かつ明確に記載しなければならなくなった。

その他にも、商品やサービスについても対象者が容易に理解できる方法で説明することや、投資におけるリターン・機能・利益・リスクについて偏りのないメッセージ発信を行うことなども義務付けられている。

また、このガイドラインではインフルエンサーやアンバサダーによる宣伝行為に関して、取引に関する助言や利益・リターンの約束を行ってはならず、事実に基づく情報の共有にとどめるようにと記されている。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:ブルームバーグ
デザイン:一本寿和
images:iStoks/Rawpixel

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored