米シティグループ、カストディ企業METACOとの提携を見直し中か=報道

すでに他のプロバイダーと非公式協議に入ったとも

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、スイスのデジタル資産関連企業メタコ(METACO)との提携を見直しているようだ。関係者の話としてブルームバーグが6月30日報じた。

報道によれば、シティグループは他のプロバイダーとの非公式の協議を開始したと関係者が明かしたという。

メタコは昨年6月22日、シティとの提携を発表。両社は機関投資家向けにデジタル資産のカストディプラットフォームの開発と試験運用を行うとのことだった。

またメタコは5月17日、米フィンテック企業のリップル(Ripple)社による買収案に合意。発表によると買収額は2.5億ドル(約344.6億円)。この買収によりリップル社は、メタコの単独株主になるとのことだった。

今回のシティグループによる提携見直しの動きが、リップル社のメタコ買収と関連しているかどうかは明らかとなっていないという。

シティグループの担当者及びメタコの最高経営責任者(CEO)であるアドリアン・トレッカーニ(Adrien Treccani)氏はコメントを拒否。リップル社の広報担当者はコメントの要請に応じなかったという。

メタコについて

メタコは、デジタル資産のカストディ技術およびトークン化技術を提供する企業だ。

同社ではデジタル資産カストディ及びオーケストレーション(管理の自動化)サービス「ハーモナイズ(Harmonize)」を主力商品として取り扱っている。なお同商品はスイスの他、ドイツ、トルコ、フランス、英国、米国、シンガポール、オーストラリア、香港、フィリピンなどで提供されており、欧州のメガバンクBNPバリパやドイツで資産規模第2位の銀行であるDZ銀行(DZ Bank)など、世界のカストディアンや大手銀行、金融機関、企業に採用されている。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:ブルームバーグメタコ
デザイン:一本寿和
images:iStoks/Ceri-Breeze

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催