Matter Labs、ハイパーチェーン構築フレームワーク「ZK Stack」公開

Matter Labsが「ZK Stack」公開

イーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューション「zkSync Era(zkシンクエラ)」を開発するマターラボ(Matter Labs)が、オープンソースフレームワーク「ZKスタック(ZK Stack)」を6月27日リリースした。

「ZKスタック」は、ゼロ知識証明(zero-knowledge proof:zkp)を活用したスケーリング技術「ZKロールアップ(zkRollup)」を採用する独自のブロックチェーンを作成するためのモジュール型のフレームワークだ。

なお同フレームワークは「zkSync Era」の技術を基盤にしており、「zkSync Era」と相互接続するブロックチェーンのネットワーク「ハイパーチェーン(Hyper Chain)」の作成を目標にリリースされた。

「ハイパーチェーン」を作成する目標は、オプティミスティックロールアップ(Optimistic Rollup)を採用するL2スケーリングソリューション「OP Mainnet(旧オプティミズム)」の開発を主導するOPラボ(OP Labs)が掲げる「スーパーチェーン(Superchain)」構想とほぼ同様のものである。

ちなみに「スーパーチェーン」構想は、「OP Mainnet」の技術を基盤にしたモジュール型のフレームワーク「OPスタック(OP Stack)」を採用したブロックチェーンのシームレスな相互運用ネットワーク「スーパーチェーン」を作成するというOPラボの目標である。

「zkSync Era」は、「zkSync2.0」として開発されていたブロックチェーン。同チェーンは、昨年2月からのテストネット実施を経て、今年3月24日に全ユーザーへメインネットアルファ版が公開された。

なお同ブロックチェーンは「アカウント抽象化(Account Abstraction:AA)」がネイティブでサポートされており、「ZKスタック」を採用したブロックチェーンもこれをサポートするという。

ちなみに「アカウント抽象化」は、いままで利用されていた外部所有アカウント(EOA)からスマートコントラクトアカウント(CA)にアップグレードすることで、ユーザーがアカウント(ウォレット)から直接スマートコントラクトを使用可能にする技術だ。

なおイーサリアムの共同創業者であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏はブログにて、全てのユーザーが「スマートコントラクトアカウントへの移行」「L2への移行」「ステルスアドレス対応システムへの移行」を行うことがイーサリアムの存続に必要だと語っている。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:ブログ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ket4up

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored