バイビット、キプロス共和国の暗号資産事業ライセンス取得

バイビットがキプロスで暗号資産事業ライセンス取得

海外暗号資産(仮想通貨)取引所Bybit(バイビット)が、キプロス共和国にて暗号資産(仮想通貨)取引所の運営およびカストディサービス提供に関わるライセンス取得を6月27日発表した。

同ライセンス取得によりバイビットは、暗号資産ペアや法定通貨ペアの取引サービスや、暗号資産に関連した金融サービス、キプロスおよびEU加盟国の顧客向けカストディソリューションなどが提供できるようになったとのこと。

なおバイビットによると今回のライセンス取得は、現地の規制に準拠したサービス提供のための取り組みの一環であるとのことだ。

ちなみに先日大手暗号資産取引バイナンス(Binance)がキプロス市場からの撤退を進めていることが明らかになっている。

キプロス証券取引委員会CySECの報告によるとバイナンスは、同国における暗号資産サービスプロバイダーとしての登録を抹消申請中であるとのことだった。

バイナンスのキプロス法人であるバイナンス・キプロス(Binance Cyprus Limited)は昨年10月、キプロス証券取引委員会CySEC(Cyprus Securities and Exchange Commission)より、VASP(VASP:Virtual Asset Service Provider)として承認されていた。

なお登録抹消の申請日や理由について報告書には記載されてらず、詳細は不明である。

ただし今年5月に欧州連合(EU)の暗号資産市場規制法案(MiCA/マイカ)が採択されたことを受け、バイナンスはEU内での暗号資産関連事業に注力するのではないかとみられている。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:バイビット
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ivan-Burchak

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表