「メタバーキン」商標裁判で勝訴したエルメスの要求が承認、関連活動は永久禁止へ

「メタバーキン」関連活動を永久禁止

「メタバーキン(MetaBirkins)」裁判に続報だ。米ニューヨーク州マンハッタンの地方裁判所が、NFTアーティストのメイソン・ロスチャイルド(Mason Rothschild)氏に対し、同氏のNFT作品シリーズ「メタバーキン(MetaBirkins)」の販売などの活動を永久に禁止する旨の裁判命令を6月23日下した。

「メタバーキン」裁判は2022年1月、世界的高級ファッションブランドのエルメス(Hermès International SA)が、ロスチャイルド氏のNFT作品シリーズ「メタバーキン」を、一部メディアがエルメスが支援するプロジェクトだと誤認される報道をし、それによりエルメスの自社のNFT参入の機会の障害になったとして、エルメスが起こしたもの。

「メタバーキン」が、エルメスを代表する高級ハンドバッグ「バーキン(Birkin)」の商標権利を違反してるとして争われていた。

この裁判にて陪審員らは今年2月、エルメスの訴えを支持。ロスチャイルド氏へは、エルメスに対する総額13万3000ドル(約1750万円)の賠償命令が下された。なおロスチャイルド氏は裁判の中で、自身のNFT作品はアメリカ合衆国憲法修正第1条により保護された、表現の自由を有する芸術作品であると主張していた。

今回の裁判命令では、ロスチャイルド氏及び関係者らに対して、「メタバーキン」に関する鋳造・発行・生産・配布・販売・広告・宣伝・マーケティングなどの行為が永久に禁止された。

また、ロスチャイルド氏らは今後「メタバーキン」がエルメスと関連すると思わせるような発言・行為も禁じられることになる。なお「メタバーキン」のマークをSNS上で使用することも禁止された。

さらにロスチャイルド氏は、「メタバーキン」保有者に対するエアドロップなどの特典提供も禁じられた。しかし保有者らに対し、今回の裁判命令をエアドロップ(もしくはメールや書面で通知)する義務は課せられている。

さらにロスチャイルド氏は、2023年1月31日から6月30日までに「メタバーキン」から得たロイヤリティ・譲渡所得・金銭的利益を書面で特定し、7月15日までにこれら利益をエルメスに譲渡しなければならない。

また裁判の中でエルメスはロスチャイルド氏が保有する「メタバーキン」をエルメスの指定するウォレットに強制移行させることを要求。またロスチャイルド氏に対し「メタバーキン」コレクションのイーサリアムのスマートコントラクトの管理を放棄することも求めたという。

これに対しジェド・S・ラコフ(JED S. RAKOFF)判事は、「メタバーキン」は「芸術的表現の一形態となりうる」と判断。言論の自由に関して「十分慎重を期して」狭い範囲での差し止め命令が必要だと裁定し、エルメスの要求を支持しなかった。

なおロスチャイルド氏は引き続き「メタバーキン」を保有できるが、「metabirkins.com」を含むエルメスのバーキンの商標に関連するドメイン名を放棄するよう命じられている。

同氏は7月15日までにエルメスにドメイン名を譲渡せねばなないとのこと。以降ドメイン名は、エルメスによって保管されることになるとのことだ。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:裁判資料1裁判資料2
デザイン:一本寿和

images:iStocks/todamo

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored