メタが「トークン」や「暗号資産」など、Web3領域の7つのロゴを商標登録

メタが暗号資産などの分野でロゴマークを商標登録

フェイスブックを運営する米企業メタプラットフォームズ(Meta Platforms)が、暗号資産やブロックチェーンソフトウェアなどの7つの分野でロゴマークの商標登録を行ったことが、商標を専門とする弁護士マイク・コンドーディス(Mike Kondoudis)氏のツイートにより明らかになった。

コンドーディス氏によると、今回の商標登録は3月18日に公開された特許庁のデータから判明したとのこと。登録されたマークはメタ社のロゴマークと同様の無限ループを模したデザインとなっており、対象となる分野はトークン、金融取引、通貨取引、ブロックチェーンソフトウェア、暗号資産ウォレット、暗号資産取引、暗号資産の7つとなっている。

メタは独自デジタル資産であるDiem(旧Libra)の開発を2019年に開始したものの、規制当局からの反発を受け、今年1月に計画の中止を発表している。一方今月行われたSXSW内の対談にて、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)氏はInstagramにNFTを導入する予定であることを明らかにしている。

今回は商標登録のみのため、メタ内で具体的に暗号資産に関するプロジェクトが進行しているのかはわからないが、メタが暗号資産分野に注目していることは確かなようだ。

関連ニュース

インスタグラムがNFT導入か、ザッカーバーグ氏発言

ディエム(旧リブラ)が資産売却で閉鎖、シルバーゲートが買収し今年ステーブルコイン発行へ

フェイスブックらのディエム元COO、ポルカドット開発元Web3財団COOに

サイバーエージェントがメタバース関連新会社を設立、NFTや暗号資産活用

JPモルガン、メタバース「ディセントラランド」に仮想店舗を開設

参考:Twitter
images:via REUTERS

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ