インスタグラムがNFT導入か、ザッカーバーグ氏発言

インスタグラムがNFT導入か、ザッカーバーグ氏発言

メタ(Meta)CEOのマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)氏が、近々インスタグラム(instagram)でNFTを取り扱う予定であることが3月16日に分かった。

ザッカーバーグ氏が、毎年米国で開催される大規模イベント「サウス・バイ・サウスウエスト(South By Southwest:SXSW)」のセッションで明らかにした。

ザッカーバーグ氏は「今後、人々が自分のNFTを見せびらかし、どんどん新しいNFTをミント(鋳造/発行)していく可能性がある」と伝えた。

そして同氏はNFTがいつかメタのメタバースの一部になることも示唆し、「メタバースであなたのアバターが着ている服は、基本的にNFTとしてミントできることを望んでいる」と説明した。

ザッカーバーグ氏ら経営陣がNFTに関心を示したのは、今回が初めてではない。インスタグラムの責任者であるアダム・モセリ(Adam Mosseri)氏が以前、「インスタグラムはNFT活用の可能性を積極的に探求しています」と発言していた。

昨年10月末にザッカーバーグ氏は社名を「メタ(Meta)」にすることを発表し、その際にNFTの可能性について言及した。ザッカーバーグ氏は、まずメタバースは人々に新たな選択肢を提供するものであるとし、その一例としてNFTが存在しているという見解を示していた。

具体的には、現在のインターネットではクリエイターの活動に様々な制限があり、NFTはデジタルグッズの新たなオーナーシップモデルになりうると説明していた。

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
Source: 
Video Elephant LTD

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている