【取材】ローソンがNFT参入、SBINFTと「LAWSON TICKET NFT」を提供へ

ローソンがNFT参入、SBINFTと「LAWSON TICKET NFT」を提供へ

NFTマーケットプレイスを運営のSBIホールディングス子会社SBINFTが、ローソンエンタテインメントと提携したことを3月17日に発表した。

この提携によって、ローソンエンタテインメントはローソンチケットで今春より「LAWSON TICKET NFT」の提供を開始するとのことだ。

「LAWSON TICKET NFT」は、SBINFTの協力のもと、ブロックチェーン技術を活用したNFTサービスの1つとして、ローソンチケットで販売しているコンサート・スポーツ・演劇などのイベントチケットを保管可能な記念チケットNFTとして販売するサービスとのこと。

このNFTには具体的に希少性の高い画像や実際の会場の座席情報などが記録されるとのことだ。 このサービスを提供する背景には、チケットのデジタル化が加速していて、ユーザーから高い利便性に好評を得る一方、思い入れのあるイベントチケットは記念に手元に残しておきたいという要望が多かったことがあるようだ。

なお本日よりSBINFTのNFTマーケットプレイス「nanakusa」は、から「SBINFT Market」へリブランディングする予定となっている。また同社は3月15日に専門学校バンタンの卒業証書をNFTで作成・代理発行した事例も発表していた。

「LAWSON TICKET NFT」の対応チェーン、その概要

「あたらしい経済」編集部は、SBINFTのCMO中田宜明 氏へ取材を行った。

–対応予定のブロックチェーンはなんでしょうか?

現状Polygonを予定していますが、ETHでの対応も検討しています。

–「LAWSON TICKET NFT」のユーザーは、どのようにNFTを活用できるのでしょうか?

ファーストステップとしては、イベントチケットを記念に残すための記念チケットNFTを想定しています。

将来的には、従来のライブや舞台などで利用可能なチケットのNFT化に加え、記念チケットNFTが特典コンテンツNFTにアップデートしていくような利用を考えています。

更に、今後マーケティングとしてもお客様がチケットNFTの保有枚数などをブロックチェーン技術の透明性により確認できるので、コアなファンに対しても特別な特典などを還元することができます

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/26話題】Horizon Bridgeハッキング犯人が資金洗浄、セルシウスが破産申請検討かなど(音声ニュース)

ハーモニー「Horizon Bridge」ハッキング犯人、マネーロンダリングを確認、セルシウス、チャプター11申請検討か=報道、スリーアローズ債務不履行、ボイジャーデジタル発表、アスター上の分散型取引所「ArthSwap(ARSW)」、「gate. io」上場へ、米コインベースでXCN、METIS、MONA、AST、MEDIA上場へ、ナッジ、「ベリロン」公式Visaクレカ提供開始、【取材】Concordium、「CCD」のデリゲーション機能追加

Sponsored

スリーアローズ債務不履行、ボイジャーデジタル発表

暗号資産ブローカーのボイジャーデジタル(Voyager Digital Ltd)が、財務危機となっている暗号資産ヘッジファンドのスリーアローズキャピタル(Three Arrows Capital:3AC) に対して、債務不履行(デフォルト)通知を発行したことが6月27日に分かった。ボイジャーデジタルが融資した1万5,250BTC(約429億円)と3億5,000万USDC(約474億円)対して、3ACが必要な支払いを行わなかったためだ。

【6/25話題】アクシーRonin Bridgeが再稼働へ、サミーやKADOKAWAらがNFT新会社設立など(音声ニュース)

アクシー「Ronin Bridge」が再稼働、ユーザーへ被害額全額返済へ、パチンコのサミーやKADOKAWAら、NFTサービス開発運営の「O-DEN」設立、カカオのクレイトン、OpenSeaと提携、リップル社、トロントに技術拠点開設へ、バイナンス、機関投資家向けプラットフォーム「Binance institutional」ローンチ、『攻殻機動隊』や『FAIRY TAIL』をweb3で世界展開へ、講談社とアニモカら、関西サッカーリーグ1部「アルテリーヴォ和歌山」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored