テザー社がエネルギー生産とBTCマイニング事業開始へ、ウルグアイで

テザー社がウルグアイでBTCマイニング事業開始へ

米ドルステーブルコイン「USDT」発行のテザー(Tether)社が、ウルグアイにてエネルギー生産を行い、同国で持続可能なビットコイン(BTC)マイニング事業に取り組むことを5月30日発表した。

なお今回の取り組みに際してテザーは、ウルグアイの地元企業と協働していくことも発表しているが、企業名などは明かしていない。

テザーがビットコインマイニング事業に取り組むうえでウルグアイを選択した理由は、同国がエネルギーインフラへの大規模な投資により、堅牢で信頼性の高い送電網システムを持っているからだという。

発表によるとウルグアイは、風力発電や太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーによる発電量が94%を占めるなど、再生可能エネルギーにおいて世界的リーダーとして台頭しているとのこと。

また豊富な天然資源に恵まれたウルグアイは、再生可能エネルギーの生産に理想的な条件を備えており、風力発電所やソーラーパーク、水力発電プロジェクトの設立を促進し、クリーンで環境に優しいエネルギーの安定供給が保証されているとのことだ。

現在テザーはこの取り組みに向けてリソースを投資しており、その一環としてビットコインマイニングのサポート及び促進する為、再生可能エネルギー源に投資しているとのこと。

なお今回の取り組みは、テザーが世界における技術リーダーになる為の動きとしており、現在エネルギー分野の専門家を採用してチームの増強に取り組んでいるとのことだ。

関連ニュース

参考:TetherTether energy
images:iStocks/Samuil_Levich

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した