ブロックチェーンカードゲーム「Axie Infinity:Origins」、iOS版で公開

Axie Infinity:OriginsがiOS版で公開

ブロックチェーンカードゲーム「アクシーインフィニティ:オリジンズ(Axie Infinity:Origins)」が、アップル(Apple)のiOS版で公開されたことを、「アクシーインフィニティ(Axie Infinity)」が公式ツイッターで5月18日発表した。

「オリジンズ」は、ブロックチェーンゲーム「アクシーインフィニティ」シリーズの1つで、プレイヤーがアクシーと呼ばれるモンスターを収集や所有、使用して戦わせる戦略カードゲームだ。昨年12月よりマレーシアにて機能制限付きのAndroid版として公開されていた。

今回公開されたiOS版「オリジンズ」は、アルゼンチン、コロンビア、ペルー、メキシコ、ベネズエラ、インドネシア、マレーシア、ベトナムで利用可能とのこと。

iOS版「オリジンズ」をプレイするユーザーは初めに、自身が保有しているNFTを使用してプレイするか、NFTを使用せず無課金でプレイする「スターターアクシーズ」のどちらかを選択できるとのこと。なおどちらもシングルプレイ用の「アドベンチャーモード」とオンライン対人戦用の「アリーナモード」でプレイ可能とのことだ。

しかしApp Storeのポリシーに準拠する必要がある為、iOS版「オリジンズ」では、ゲーム内で獲得できる暗号資産(仮想通貨)スムースラブポーション(Smooth Love Potion):SLPをゲーム内で獲得はできるが、報酬として受け取れないなどの制限があるという。

また発表によるとアップルが、ユーザーにより外部から購入されたNFTをApp Storeで利用可能にしたのは、「オリジンズ」が初とのことだ。

ちなみにアクシーインフィニティのゲーム内通貨であるAXSについては、国内暗号資産取引所ビットバンク(bitbank)で昨年12月より取り扱われており、イーサリアム(Ethereum)ネットワーク上のERC20トークンにのみ対応している。

関連ニュース

参考:Axie Infinity
images:iStocks/Wirestock

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/25話題】「Yay!」がWorld IDと認証連携、マウントゴックスが7月から弁済開始など

ナナメウエ「Yay!」、ワールドコインの「WorldID」との認証連携を開始、マウントゴックスが7月から弁済開始、ビットコインとビットコインキャッシュで、国内投資マネージャーの半数以上が暗号資産への投資意欲示す、レーザー・デジタルが報告、ビットポイントにドージコイン(DOGE)上場、テザー、イオスとアルゴランドでの「USDT」発行停止、イーサリアムL2「ブラスト」、プロトコルのガバナンスを管理するブラスト財団設立、アイゲンレイヤーの「EigenDA」、シビル攻撃やDDoS攻撃の対策でセキュリティ強化、ソラナ、ZK圧縮技術でブロックチェーンの保存コストを大幅削減、テザー社、台湾の大学でブロックチェーン関連の教育プログラム開始

Sponsored