バイナンス、一時停止していたビットコイン(BTC)引き出しを再開

バイナンスがビットコイン(BTC)引き出しを再開

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、ネットワークの混雑を理由にビットコインの引き出しを一時的に停止したと5月8日0:00頃発表した。

その約1時間後、バイナンスはビットコインの引き出しを再開。しかし「保留中の出金トランザクションが大量にあるため」とし、再度一時的にビットコインの引き出しを停止した。

そして同日12:50頃、再度のビットコイン引き出しの再開がアナウンスされた。未決済のトランザクションについては、手数料を上げて処理を行ったとのこと。また再発を防ぐため、バイナンスは手数料を調整したと伝えた。

なおバイナンスは大量の出金トランザクションが発生したこととそれに対応できなかった理由について「BTCネットワークの手数料が最近急増しており、それを予測していなかったから」と説明している。

ビットコインネットワークの混雑は、「BRC-20(BRC:Bitcoin Request for Comment)」規格のミームコイン「ペペ(PEPE)」の取引が急増していることが原因とみられる。

「BRC-20」は、ビットコインネットワーク上でのファンジブル(代替)トークンの発行と転送を容易にする規格。今年3月上旬に開発された。「ぺぺ」によりビットコインの手数料が2年ぶりの高水準に達し、半年前は1取引あたり平均1.45ドルだった手数料は平均9.62ドルになっている。

なおOrdspaceによると記事執筆時点(5/8 14:00)で「BRC-20」トークンの時価総額は約5.9億ドル(約790.6億円)となっている。ちなみに4月26日の時価総額は1750万ドル(約24億円)だった

関連ニュース

参考:dune
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した