Twitterロゴがドージコイン(DOGE)の「かぼすちゃん」に、24%価格上昇も

Twitterロゴが「かぼすちゃん」に

日本時間4月4日午前2:00頃より、Twitter(ツイッター)の青い鳥のロゴマークが、暗号資産(仮想通貨)ドージコインのロゴに置き換えられた。

これを受け、ドージコイン(DOGE)が価格は急騰。10円台から一時は13.62円の値を付けた。記事執筆現在の価格は13.03円となっており、24時間で約27%の上昇を見せた。

テスラ(Tesla)およびツイッターのCEOであるイーロン・マスク(Elon Mask)氏は、このロゴの変更について以前募集したツイッターへの要望を守ったものであるとの旨をツイートしている。

ドージコインはインターネット・ミームである「ドージ(Doge)」の柴犬「かぼすちゃん」をモチーフとした暗号資産だ。「かぼすちゃん」の飼い主が2010年にブログ「かぼすちゃんとおさんぽ。」に投稿した画像をきっかけに人気が爆発。定番のネットミームとなった。

なおドージコインは、ライトコイン:Litecoin(LTC)のソースコードをベースに作成されたもので、ライトコインと同様の「scrypt(スクリプト)」を利用している。なおドージコインには発行上限がない。

このドージコインについては、マスク氏がたびたびツイッターで言及しており、それらの影響から2021年の暗号資産時価総額ランキングで一時、4位にまで上昇した実績もある。

なお現在のドージコインの時価総額は、約1.8兆円でランキングは7位だ(4/4 12:00コインマーケットキャップ調べ)。

今回のロゴマーク変更は一時的なミームとしての対応なのか、それともこのまま変更されるのか。これについてマスク氏は言及していない状況だ。

関連ニュース

images:iStocks/Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している