米マイクロソフトがAnkrと提携、企業向けノードホスティングサービス提供で

米マイクロソフトがAnkrと提携

ブロックチェーンインフラ提供の「アンカー(Ankr/ANKR)」が、米マイクロソフト(Microsoft)と提携したことを2月21日発表した。

この提携により「アンカー」は、企業や組織向けのノードホスティングサービスを、マイクロソフトの「アジュールマーケットプレイス(Azure marketplace)」にて提供することになった。

なお同サービスのユーザーは「ユースケースに応じてメモリや帯域幅などをカスタムした企業向けブロックチェーンノードの立ち上げ」、「サーバーレスかつ、様々なブロックチェーンから選択したデータクエリの最適化」、「場所や時間を問わずノードのパフォーマンスを追跡でき、38以上のブロックチェーンにまたがる利用状況データ及び遠隔測定情報へのアクセス」などが可能になるとのことだ。

アンカーの共同創設者兼CEOのチャンドラー・ソング(Chandler Song)氏は「(今回の提携は)私たちにとって重要なマイルストーンであると同時に、分散型ウェブがウェブシステムの各レイヤーにおける重要なプレーヤーと統合する上で、どれだけ前進したかを示す重要な指標」だと述べている。

マイクロソフトのAI&先端技術部門でジェネラルマネージャーのラシュミ・ミスラ(Rashmi Misra)氏は「多くの開発者や組織は、Web3が現実世界のビジネス課題の解決にどのように役立つかを模索している。今後アンカーと協力して、dApps(分散型アプリケーション)開発者及び既存のWeb3企業問わず、強力なWeb3インフラ層を構築していきたい」とコメントしている。

アジュールマーケットプレイスでは2020年5月、イーサリアム特化のブロックチェーン開発企業のコンセンシス(ConsenSys)が、企業向けイーサリアムネットワーク管理ツール「PegaSys Ethereum Suite」を提供すると発表していた。

関連ニュース

参考:Ankr 
デザイン:一本寿和
images:iStocks/shilh

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored