ConsenSysのエンタープライズ向けイーサリアムネットワーク管理ツール「PegaSys Ethereum Suite」がMicrosoft Azure Marketplaceにて取り扱いを開始

ConsenSysのエンタープライズ向けイーサリアムネットワーク管理ツール「PegaSys Ethereum Suite」がMicrosoft Azure Marketplaceにて取り扱いを開始

イーサリアム特化のブロックチェーン開発企業ConsenSys(コンセンシス)が、エンタープライズ向けイーサリアムネットワーク管理ツールである「PegaSys Ethereum Suite」をMicrosoft Azure Marketplaceにて取り扱いを近日中に開始することを5月8日発表した。

「PegaSys Ethereum Suite」は、ConsenSysのプロトコルエンジニアリンググループのPegaSysが提供するイーサリアムの管理ツールである「Hyperledger Besu」「PegaSys Plus」「PegaSys Orchestrate」が含まれており、エンタープライズ開発者によって13万ダウンロードされてる実績をもっているとのこと。

また同社は同マーケットプレイスで提供するAzureでイーサリアムブロックチェーンを開発するツール「Blockchain Development Kit for Ethereum」Hyperledger Besuのサポート追加したことも併せて発表している。

編集部のコメント

「Hyperledger Besu」「PegaSys Plus」「PegaSys Orchestrate」について補足します。

「Hyperledger Besu」はパブリックとプライベート両方のパーミッションドネットワークを使用するケースの企業向けに設計されたイーサリアムベースのブロックチェーンです。ConsenSysによって構築され、Enterprise Ethereum Alliance(EEA)によって開発されています。

「PegaSys Plus」はHyperledger Besu上に構築される商用ライセンスのEthereumクライアントです。セキュリティ構成、イベントストリーミング、高度な監視などのエンタープライズ機能などによってHyperledger Besuを拡張するツールです。 なお「PegaSys Plus」は、株式会社日立ソリューションズがConsenSysと国内初の販売代理店契約を締結し、4月1日より日立ソリューションズが販売開始をしているツールでもあります。

「PegaSys Orchestrate」は商用ライセンスのEthereumトランザクションオーケストレーションシステムです。ビジネスアプリケーションをEthereumネットワークに接続することでトランザクション、スマートコントラクト、秘密鍵などを管理する機能を提供することにより、組織が任意のEthereumネットワーク上に構築できるようにするシステムとなっています。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(antoniokhr,liuzishan,Lidiia-Moor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

中国が5年後までに世界共通デジタル決済ネットワークを構築か、ニューヨーク市警察が仮想通貨の取引分析ツール利用方針を公表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

中国が5年後までに世界共通デジタル決済ネットワークを構築か、ニューヨーク市警察が暗号資産(仮想通貨)の取引分析ツールの利用方針を公表、ゴールドマンサックスが暗号資産(仮想通貨)カストディサービスを近日提供か、グラコネとエンジン(Enjin)がNFTチャリティープロジェクト開始、ビットフライヤーが暗号資産積立購入サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始、アニモカブランズ(Animoca Brands)がバイナンススマートチェーン(Binance Smart Chain)と戦略的パートナーシップ締結

(グラコネ代表の藤本真衣氏コメントあり)グラコネとエンジン(Enjin)がNFTチャリティープロジェクト開始

SDGsとBlockchainのプラットフォーム「KIZUNA HUB」を運営する株式会社グラコネとブロックチェーンを用いたエコシステムを開発するシンガポールのエンジン(ENJIN)社が、NFT(Non-Fungible Token/代替不可能なトークン)によるチャリティープロジェクト開始を1月18日に発表した。