PayPalが昨年末時点で約844億円相当の暗号資産保有、BTC・ETH・BCH・LTC

ペイパルが昨年末時点で、約844億円相当の暗号資産保有

米決済大手ペイパル(PayPal)が、2021年第4四半期において顧客のための資産として総額6億400万ドル(約844.6億円)の暗号資産(仮想通貨)を保有していたようだ。同社の米国証券取引委員会 (SEC) への年末財務報告書で明らかになった。

ペイパルが昨年12月31日時点で所有していた総額6億400万ドルの暗号資産の内訳はビットコイン(BTC)が2億9100万ドル(約383.3億円)相当、イーサリアムのイーサ(ETH)が2億5000万ドル(約329.3億円)相当、その他暗号資産としてビットコインキャッシュ(BCH)とライトコイン(LTC)で6,300万ドル(約83億円)相当とのことだ。

ペイパルは報告書の中で「私たちは特定の市場において、お客様が特定の暗号通貨を購入・保有・売却・受信・送信すること、および暗号通貨の販売による収益を使用することを認めている。 また、暗号通貨の売買による収益を決済に使用することもできる」と述べている。

またペイパルは、米規制当局が暗号資産(仮想通貨)に関する監視を強化し、プロジェクトの主要パートナーがニューヨーク州金融サービス局による調査対象となっていることを受け、ステーブルコインに関する計画を一時中断することを2月10日報じられている。

関連ニュース

参考:財務報告書
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LongQuattro・KanawatTH

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/18話題】テザーゴールド裏付けの米ドルステーブルコインaUSDT、SNPITのSNPTがGate. ioとMEXCに上場へなど

テザー社、金裏付けの米ドルステーブルコイン「aUSDT」発表、オーストラリア証券取引所、VanEckの「ビットコイン現物ETF」取扱へ、Doodlesのアバター作成プラットフォーム「stoodio」、イーサL2「Base」に移行へ、日本発Snap to Earn「SNPIT」のトークン「SNPT」、Gate. ioとMEXCに上場へ、アニモカジャパン、NFTローンチパッド「SORAH」提供開始、バイナンスにZKsync(ZK)上場へ、ユニスワップ、イーサリアムL2「ZKsync」で稼働開始、台湾、暗号資産業界の自主規制団体「台湾暗号資産ビジネス協会」を正式始動、ビットコインL2「スタックス(STX)」、ブロック生成で約9時間の遅延発生、金融庁、無登録運営で「LBank Exchange」に警告、インターネットコンピューターの支援団体「ICP Japan」発足、ローンチイベント6/29開催

Sponsored