PayPal、ステーブルコイン計画を一時中断か=報道

ペイパルがステーブルコインの計画を一時中断

オンライン決済サービスのペイパル(PayPal)が、ステーブルコインに関する計画を一時中断したとブルームバーグが2月10日報じた。米規制当局が暗号資産(仮想通貨)に関する監視を強化し、プロジェクトの主要パートナーがニューヨーク州金融サービス局による調査対象となっていることからのようだ。

ブルームバーグは情報筋の話を引用し、ペイパルは、ドルに1対1で裏付けされるステーブルコインを今後数週間のうちにデビューさせることを目指していたと報じている。

ペイパルの広報担当は「私たちはステーブルコインを検討しており、今後進める際には、言うまでものなく関連する規制当局に緊密連携する」とメールで声明を発表した。

暗号資産市場は、FTXをはじめとする大手企業の破綻により、金融分野において将来有望視されていた暗号資産への信頼が揺らいだことで激動の時代を迎えている。

これら一連の大規模な倒産は、暗号資産業界で活動する企業への世界的な規制当局の厳しい監視に拍車をかけた。

マクロ経済の低迷は、数十年にわたる高インフレに端を発した物価危機により、個人消費や、特に個人の裁量による購買に圧力がかかり、ペイパルの主力事業の成長をも圧迫し始めている。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
PayPal pauses stablecoin work amid regulatory scrutiny of crypto – Bloomberg News
Reporting by Manya Saini in Bengaluru; Editing by Anil D’Silva
翻訳:髙橋知里(あたらしい経済)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察