マイクロストラテジー四半期決算、ビットコイン減損は約1億円にとどまる

マイクロストラテジー四半期決算発表

企業としてビットコインの購入を積極的に進めている米ナスダック上場企業のマイクロストラテジー(MicroStrategy)が、2022年第3四半期の決算を11月1日に発表した。

発表によると、第3四半期にビットコイン保有によって生じた減損費用は72万ドル(約1億円)となっており、2021年の第3四半期の減損費用である6520万ドル(約96億円)と比較すると大幅に減少している。これは第2四半期から第3四半期にかけてビットコイン市場が安定していたことに起因するようだ。

同社のCFOアンドリュー・カン(Andrew Kang)氏は「ビットコイン戦略へのコミットメントをさらに強化するため、マイクロストラテジーは今期、約301ビットコインを追加取得し、合計13万BTCを保有する世界最大のビットコイン保有上場企業であり続けています。当四半期はビットコイン価格が安定していたため、ビットコインの減損損失を最小限に抑えることができました。また、財務会計基準審議会(FASB)が最近、ビットコインの公正価値会計を支持することを発表したことも後押しとなりました」とコメントしている。

マイクロストラテジーの直近のビットコイン追加購入は今年9月21日。その際に同社は600万ドル(約9億円)相当となる301BTCを平均取得価格約285万円(19,851ドル)で購入している。

なお今回発表された財務報告書によると、同社のビットコイン保有量は13万BTCであり、1BTCあたりの平均取得額は30,639ドル(約451万円)とのことだ。

また同社は今年9月、ビットコイン購入を目的に5億ドル相当の株式売却を行っている。さらに同様の目的で昨年6月にも10億ドル相当の株式売却、4億ドル分の2028年満期の有担保シニア債券を私募発行している。  

関連ニュース

マイクロストラテジー、約9億円分のビットコイン追加購入。合計保有数13万BTCに

マイクロストラテジー、ビットコイン購入目的で最大716億円の株式売却へ

脱税容疑でマイケルセイラーとマイクロストラテジーを訴訟、米司法長官事務所

マイクロストラテジーがビットコイン担保に約250億円調達、シルバーゲート銀行ローン利用で

マイクロストラテジー、BTC追加購入を目的に10億ドルの株式発行へ

参考:MicroStrategy
デザイン:一本寿和

images:iStocks/LongQuattro・KanawatTH

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も