米ペイパル、アプリに暗号資産オンライン決済機能追加

米ペイパル、アプリに暗号資産オンライン決済機能追加

米決済大手企業ペイパル(PayPal)提供のアプリに、暗号資産(仮想通貨)によるオンライン決済機能が追加されたことが11月19日分かった。なお米国居住者のユーザーのみを対象としている。

ペイパルでは昨年11月より米国で暗号資産の売買サービス提供を、その後今年3月には暗号資産による支払サービスを開始している。今回はペイパルが9月に提供開始した新たなオールインワンアプリに、暗号資産オンライン決済機能が導入されることになった。

同機能の利用方法としては、まずアプリにて税務関係のフォームに必要事項を記入する必要があるとのことだ。また決済をする際には追加料金は不要で、利用時のレートにて暗号資産を米ドルまたはその他通貨に変換するとのことだ。なお1ドル相当の金額から利用できるという。

現在ペイパルでは売買と決済において、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)に対応している。

ペイパルは米国の他、英国でも暗号資産売買サービスを今年8月より提供している。なお5月にはペイパルのブロックチェーン担当者であるホセ・フェルナンデス・ダ・ポンテ(Jose Fernandez da Ponte)氏が、暗号資産(仮想通貨)の入出金サービス提供の計画を明らかにしたが、現状でその続報はない。

関連ニュース

ペイパル、暗号資産の入出金サービスを計画。ブロックチェーン担当者発言

米決済大手ペイパル、英国で暗号資産売買サービス提供へ

ペイパルが米国限定で暗号資産(仮想通貨)売買サービス開始

参考:ペイパル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Prykhodov・Molnia

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始

JCBとDatachain(データチェーン)が「デジタル通貨交換基盤」構築を見据え、異種ブロックチェーン間のインターオペラビリティ(相互運用性)に関する実証実験を開始したことが12月9日に分かった。両社は8月に異種分散型台帳間の相互接続についての共同研究を始めており、実証実験はその次の段階だと考えられる。

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored