米ペイパル、アプリに暗号資産オンライン決済機能追加

米ペイパル、アプリに暗号資産オンライン決済機能追加

米決済大手企業ペイパル(PayPal)提供のアプリに、暗号資産(仮想通貨)によるオンライン決済機能が追加されたことが11月19日分かった。なお米国居住者のユーザーのみを対象としている。

ペイパルでは昨年11月より米国で暗号資産の売買サービス提供を、その後今年3月には暗号資産による支払サービスを開始している。今回はペイパルが9月に提供開始した新たなオールインワンアプリに、暗号資産オンライン決済機能が導入されることになった。

同機能の利用方法としては、まずアプリにて税務関係のフォームに必要事項を記入する必要があるとのことだ。また決済をする際には追加料金は不要で、利用時のレートにて暗号資産を米ドルまたはその他通貨に変換するとのことだ。なお1ドル相当の金額から利用できるという。

現在ペイパルでは売買と決済において、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)に対応している。

ペイパルは米国の他、英国でも暗号資産売買サービスを今年8月より提供している。なお5月にはペイパルのブロックチェーン担当者であるホセ・フェルナンデス・ダ・ポンテ(Jose Fernandez da Ponte)氏が、暗号資産(仮想通貨)の入出金サービス提供の計画を明らかにしたが、現状でその続報はない。

関連ニュース

ペイパル、暗号資産の入出金サービスを計画。ブロックチェーン担当者発言

米決済大手ペイパル、英国で暗号資産売買サービス提供へ

ペイパルが米国限定で暗号資産(仮想通貨)売買サービス開始

参考:ペイパル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Prykhodov・Molnia

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。