ペイパル、暗号資産の入出金サービスを計画。ブロックチェーン担当者発言

ペイパル、暗号資産の入出金サービスを計画

米決済大手企業ペイパル(PayPal)が暗号資産(仮想通貨)の入出金サービスの提供を計画していることが明らかになった。米ブロックチェーンメディアCoinDeskが開催する「Consensus 2021カンファレンス」にて、ペイパルのブロックチェーン担当者であるホセ・フェルナンデス・ダ・ポンテ(Jose Fernandez da Ponte)氏が5月26日に発言した。

ペイパルでは昨年11月より米国から暗号資産の売買サービス提供を開始しており、その後今年3月には暗号資産による支払サービスを開始している。ただしペイパルではユーザーが保有する暗号資産を外部へ移すことができず、ペイパルのプラットフォーム内での利用に限るものとなっている。

ダ・ポンテ氏は「ペイパルは可能な限りオープンにして、消費者に選択肢を与え、好きな方法で支払いができるようにしたいと考えています」、「消費者は自分の暗号を当社に持ち込み、商取引に利用したいと考えています。また、当社で取得した暗号を自分の好きな場所に持っていけるようにしたいと考えています」とカンファレンスで述べたとのこと。なおこのサービスがいつ頃リリースされるかについては言及がされなかったようだ。

またダ・ポンテ氏はセッションの中で、ペイパルが独自のステーブルコインを発行するという噂について、「そのような計画を検討するにはまだ早すぎる」と回答をしたようだ。

関連ニュース

ペイパルが米国限定で暗号資産(仮想通貨)売買サービス開始 

ペイパル(PayPal)が暗号資産(仮想通貨)の売買サービスを英国にも展開へ 

PayPal(ペイパル)がステーブルコイン発行会社Paxos(パクソス)と提携か 

参考:CoinDesk
デザイン:一本寿和
images:iStock/Prykhodov・Molnia

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で

マスターカード(Mastercard)が、NFTを制作することが9月16日にわかった。このNFTはマスターカードのグローバルアンバサダーで、著名サッカー監督のジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)氏との共同制作とのこと。ジョゼ・モウリーニョ氏は現在はイタリアセリエAのASローマの監督を務めている。