ポリゴン(MATIC)、ハードフォーク完了

ポリゴンがハードフォーク完了

ポリゴン(Polygon)ネットワークの開発者チーム「ポリゴンラボ(Polygon Labs)」のメンバーによって提案されていた、ポリゴンPoS(Polygon PoS)ブロックチェーンのハードフォークが承認され、日本時間1月17日19:45頃に実施完了した。

今回実施されたハードフォークを伴うアップグレードの目的は、ポリゴンPoS(Polygon PoS)ブロックチェーンの現在のコンセンサスメカニズムによって発生しやすくなっているブロックチェーン再編成(リオーグ)の可能性を低減させること。そしてトランザクションを作成する際の基本料金の変化による取引手数料(ガス代)の急な上昇(ガススパイク)を低減することとなっている。そのため今回は主に2つの変更が施されている。

1つはバリデーターが連続でブロックを生成できる数を少なくするというものだ。これによりブロックの生成に複数のバリデーターが介入する可能性が低くなり、リオーグが起こる回数を減らすことができるという。

もう1つは、ブロック生成の需要によって変化するトランザクションを作成する際の基本料金の変化の度合いを決めるパラメーターを変更することだ。これによりガス代の急騰を抑えることでガススパイクを低減するという。

なお今回のハードフォークの投票プロセスに参加したうち87パーセントが承認に投票していた。しかしアクティブなバリデーターの数から、投票に参加したのは15チームだけであったことが分かっている。

ポリゴンは最近、新しいレイヤー2ブロックチェーン「Polygon zkEVM」の開発を進めており、12月22日には最終テストネットをローンチしている。

関連ニュース

ポリゴン(MATIC)でハードフォーク提案、承認なら1月17日実施

暗号資産カストディXalts、シティやポリゴン創業者らから約8.7億円調達

ポリゴン(MATIC)が海洋保護団体「OCEEF」と提携

Coincheck NFT(β版)、ポリゴンのNFTに対応へ

耳から学ぶ「ポリゴン」ブロックチェーンとビジネス戦略(Polygon ビール依子)

デザイン:一本寿和
images:iStocks/francescoch・Who_I_am

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored