イーサリアム次期大型アップグレード「シャンハイ」、テストネットが2月公開か

イーサリアム次期大型アップグレード「シャンハイ」、テストネットが2月公開か

イーサリアム(Ethereum)メインネットの次期大型アップグレード「シャンハイ(Shanghai:上海)」のテストネットの公開時期が、今年2月上旬に設定されたことがイーサリアムの開発者ミーティング「All Core Developers(ACD)」で1月5日に明らかになった。なおメインネットへの「シャンハイ」対応暫定的な形で3月に目標設定されている。

「シャンハイ」では、9月の大型アップグレード「マージ(The Merge)」以前よりビーコンチェーン(PoSのチェーン)にステーキングされているイーサ(ETH)とステーキング報酬の引き出しのロックを解除する改善提案「EIP-4895」が注目されている。なおこの機能追加にはハードフォークを伴う大型のアップグレードが必要であることが分かっている。 

またイーサリアムの開発者らはEVM(Ethereum Virtual Machine)環境の改善案であるEOF(Ethereum Virtual Machine Object Format)の追加を検討しないことで合意した。

その理由はシャンハイアップデートを遅らせる懸念をなくすためだという。つまり「シャンハイ」ではステーキング報酬のロックを解除する機能の実装と改善にフォーカスするスタンスをとったと考えられる。

ちなみに世界各地で開催されるイーサリアム(Ethereum)のハッカソンイベント「ETHGlobal(イーサグローバル)」は2023年の4月14日(金)から16日(日)の3日間、東京で開催されることが決まっている。

参考:イーサリアム
images:iStocks/NKTN
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察